しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【有料化】PayPayボーナス運用がついに改悪?やめるべきかを解説!!

f:id:shimtarosmonoblog:20220102013538j:plain

PayPayボーナス運用放置中のしんたろす(@mono_shimtaros)です(゚∀゚)

今回は注目のポイ活運用サービス「PayPayボーナス運用」について、まさかの改悪ニュースがリリースされたということで、一部有料化についての解説と今後の方針について解説していきます。

 

本記事の狙い

✔PayPayボーナス運用を利用中!!

 

✔これからも稼げるのか気になる!!

 

✔PayPayボーナス運用オワコン?やめ時なのか!

と気になっている方は是非本記事をチェックしてみて下さいね('ω')

PayPay証券

【悲報】PayPayボーナス運用が手数料1%で有料化へ!!

PayPayボーナス運用継続中なしんたろすです!

さて、今週もPayPayボーナス運用の実績でも見てみるかと、PayPayアプリを開いてみると気になるお知らせが…↓

f:id:shimtarosmonoblog:20220101232454j:plain

PayPayアプリ画面より。「一部有料化」の文字が

3月24日から一部有料化」という気になる文字が…

恐る恐る「コチラ」をクリックしてみるとお知らせがリリースされていました。

f:id:shimtarosmonoblog:20220101232450j:plain

PayPayアプリ画面より。

結論から言うと、2022年3月24日からPayPayボーナス運用へポイントを追加する際にスプレッドという形で1%の手数料が取られるようです。

以下、解説していきます。

 

「一部有料化」ということは無料もある?

今回の改定により影響を受けるのはPayPayボーナス運用へ100円以上追加する際に1%の手数料が取られるというもの。逆に100円未満の場合には手数料はこれまで通り無料となるようです。

・「100円以上」の時⇒手数料1%

例:100円追加⇒99円スタート

・「100円未満」の時⇒手数料無料

例:80円追加⇒80円スタート

てことはだ、手動で99円ずつ追加していけば無料でできるんじゃね?とは思いましたが、それはそれで結構手間がかかりますからねぇ…悩ましいところです。

 

引き出しはこれまで通り無料

PayPayボーナス運用引き出し時については、これまで通り無料を継続するようです(今のところ…)。

PayPay証券

今までが特別すぎた?今後の方針について

さて、今回の改悪によりPayPayボーナス運用を継続するか否かについてですが、私しんたろすは継続します!!まだまだ稼ぐことは可能です。

・1%なら許容範囲内

・手動による追加=節約とは限らない

まず、PayPayボーナス運用にて設定されている運用コースは「チャレンジコース」「スタンダードコース」の2つがありますが、これはどちらも米国ETF銘柄に投資しています。

詳しくはコチラの記事で解説してます↓

通常、アメリカのETF銘柄に投資する場合、王手の証券会社で購入した場合でも0.45%の手数料(プラス為替手数料)が取られることがほとんどです。

対して、PayPayボーナス運用は口座を開設せずに気軽に運用ができる、という事を考えると、これまで無料で運用してくれていたのが特別であったと考えることもできます。

また、今回の改定対策として、手動により99円ずつ運用していけば手数料無料になる作戦についてですが、これが必ずしも効率的な運用になるとは限りません。なぜなら、株式相場は常に変動するため、アナタが手間をかけて手動で追加するタイミングが最適なタイミングである保証どこにも無いからです。

このことから、私しんたろすはPayPayボーナス運用を継続していきたいと思います。運用実績はTwitter(しんたろす@にわかモノブログ広報部)にて、定期的に公開していますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

【裏技】手数料を安くする方法

それでも手数料1%が気になる!!という方に向けて、裏技的な手法をご紹介していきます。

実は…PayPayボーナス運用で採用されている米国ETF銘柄SPXL、SPYはスマホ証券【PayPay証券】手数料0.5%で購入することができちゃいます( ゚Д゚)

f:id:shimtarosmonoblog:20220102002845j:plain

PayPay証券アプリ画面より。SPXL、SPYどちらも購入可能

チャレンジコース⇒米国ETF「SPXL」へ投資

スタンダードコース⇒米国ETF「SPY」へ投資

スマホ証券【PayPay証券】では各銘柄を1000円単位で購入することができる為、少額から資産運用をすることが可能です。

口座開設は無料で定期的に入会キャンペーンも実施しているので、この機会にスマホ証券【PayPay証券】で投資デビューをしてみるのもよいかもしれません(゚∀゚)!!

【有料化】PayPayボーナス運用ついに改悪?まだ稼げるのかを解説まとめ

 

PONT

・PayPayボーナス運用、2022年3月24日から手数料1%で有料化

 

・追加額100円未満は無料、引き出しも無料

 

スマホ証券【PayPay証券】で全く同じ銘柄を手数料安く購入可能

今回は改悪されたPayPayボーナス運用について、解説していきました。

いきなり有料化ということで、驚かれた方も少なくないのかなといったところですが、個人的には許容範囲内かなという感想で、メチャクチャ驚いた!という感じにはならなかったです。ああ、そうキタかと。

言うてもPayPayでお買い物してGETしたポイントを米国ETF銘柄「SPXL」「SPY」へ気軽に投資できるというのは、正直かなり魅力的と言わざるを得ません。

PayPayボーナス運用、私は引き続き利用していきたいと思います(=゚ω゚)ノ

PayPay証券