しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

▼いま注目のオススメ記事はコチラ「AI資産運用」「0円投資」「PayPayポイント現金化」「平均利回り5.87%待つだけ資産運用」▼

PayPayポイントは現金化できる?換金して現金引き出し、お金に変える方法!


※当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内容は公平さを心がけております。

PayPay(ペイペイ)ポイントは現金化できる?換金して現金引き出しする方法、お金に変える方法を知りたい!しんたろす(@mono_shimtaros)です('ω')

今回は人気スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)の利用で貯まる「PayPay(ペイペイ)ポイント」を換金して現金に戻す方法についてピックアップしてご紹介!

PayPayポイントは現金化できる?PayPayポイントを換金して出金する方法について解説していきます。

 

本記事の狙い

✔PayPayポイントは現金引き出しできる?

 

✔PayPayポイントを換金・お金に変える方法は?

 

✔PayPayポイントを現金に変える時の注意点は?

と気になっている方は是非本記事を参考にしてみて下さい。

\ずっと無料!最短5分で即日発行/
PayPayカード

PayPayポイントは現金化できる?換金してお金に変えられるの?

本項目ではPayPayポイントの基本情報について解説していきます。

なお、現在LINE・ヤフー・PayPayユーザー向けの新サービス「LYPプレミアム」では、PayPayポイントを含めた10,000円相当を無料で貰えるキャンペーンを実施中です。

無料で10,000円相当貰えるという控えめに言って超お得すぎるキャンペーンです。

筆者もすぐに無料登録したよ

Yahooショッピングクーポン(3000円分×2枚)は即日で貰えるので、さっそく無印良品や日用品等を3,000円引きで購入('ω')

3,000円引き!安すぎワロタww

PayPayポイント4,000円相当分は翌月下旬に付与されるのでPayPay資産運用の投資資金に充てたいと思います。

当該キャンペーンは2024年3月31日までの期間限定となっていますので、10,000円相当を無料で手に入れたい方は「LYPプレミアム公式サイト」からアクセスして必ずキャンペーンに参加するようにしましょう。

 

PayPay決済やPayPayカードで貯まるポイント

「PayPayポイント」はPayPayアプリでの決済(PayPayあと払いも含む)やPayPayカードの利用で貯まるポイント還元サービスです。

筆者も愛用中の「PayPayカード」

1ポイント=1円相当」として、全国のPayPay決済加盟店でのお買い物に使うことができるほか、Amazonやヤフーショッピング等のインターネットショッピングでも利用可能なポイントサービスです。

大手チェーンのお店ではもちろんのこと、個人経営のお店でもPayPay決済が利用可能なケースが増えており、全国的にポイントが貯まりやすい環境が整っていることが強みとして挙げられます。

実際、筆者自身も還元率アップの必須アイテム「PayPayカード」とPayPayアプリを連携・決済を中心に活用(PayPayクレジット払い)することで20万円相当超えのPayPayポイント獲得を達成しているところです↓

総額20万円相当超のPayPayポイント獲得を達成

保有コストゼロで通常のPayPay決済と比較して単純に2倍還元率が上がる(税込200円につき0.5%⇒1.0%にアップ)ので、PayPay経済圏の方は必須のアイテムと言えます。

保有コストゼロ・筆者も愛用中「PayPayカード」の評判や口コミ、メリット・デメリットについては以下記事にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

 

PayPayポイントの有効期限は無期限

PayPayポイントの有効期限は無期限です。

他のポイントサービスでは期間限定ポイントや、通常ポイント自体に有効期限が設定されているものが多く見受けられますが、PayPayポイントは有効期限が存在しない為、ひたすら貯め続けても良し、その都度使っても良しとユーザーの好きなタイミングで使うことができます。

 

PayPayポイントの使い道

PayPayポイントの使い道としては、

「貯める」

「使う」

「ポイント運用に自動追加」

の3つから選択できます。

PayPayアプリ「ウォレット」内、

PayPayポイントの項目「設定を変更する」から随時設定の変更が可能です。

ウォレット⇒設定を変更する

ひたすら貯め続けたいのであれば「貯める」

PayPayポイント運用に使いたいのであれば「ポイント運用に自動追加」

お買い物に利用したいのであれば「支払いに使う」

といったように、ユーザーの用途に応じていつでも変更が可能です。

 

PayPayポイントはPayPay残高の一種

「PayPayポイント」は以下表のとおり「PayPay残高」の一種となります(以下表は横スクロール可能)。

  付与方法 上限額 有効期間 出金 送る・割り勘
PayPayマネー 現金チャージ
PayPayフリマ売上金チャージ等
100万 無期限
PayPayマネーライト PayPayカードチャージ
PayPayあと払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い等
100万 無期限 ×
PayPayポイント
(旧PayPayボーナス)
各種特典・キャンペーン
PayPayモール、Yahooショッピング、LOHACO等
なし 無期限 × ×
PayPayボーナスライト 2021年2月1日に廃止
各種特典・キャンペーン
なし 60日間 × ×

上記のとおり、スマホ決済アプリPayPayにチャージされた電子マネーは、チャージ方法やお買い物による特典付与などにより、4つの種類に区分することができます。

この4つの区分を、まとめて「PayPay残高」と呼びます。

このうち、「PayPayボーナスライト」という期限付きのポイントについては2021年2月1日に廃止となったので、現状「PayPay残高」は3種類存在することになります。

例えば、セブン銀行ATMやPayPayに登録した銀行口座を使って現金チャージした場合は「PayPayマネー」という扱いになります。

PayPayカードによるチャージや、ソフトバンクまとめて支払い(携帯料金扱いで引き落とすチャージのこと)等については「PayPayマネーライト」という扱いになります。

PayPayポイント」は、電子マネーPayPayでお買い物をした時やPayPayモール、LOHACO(ロハコ)等の通販サイトで買い物した時に貯まったり、キャンペーン特典により付与されるPayPay残高となります。

 

PayPayポイント運用で疑似的に資産運用ができる

PayPayアプリ内には「PayPayポイント運用」と呼ばれる資産運用サービスがあります。

PayPayアプリトップ画面

「PayPayポイント運用」は、PayPayポイントを元手に厳選された運用コースから選択して、疑似的に資産運用ができるサービスです。

PayPayポイントを増やすことも可能

証券口座開設不要で1ポイントから気軽に始められる資産運用サービスとなりますので、「これから資産運用を始めたい!」と考えている方は積極的に活用したい資産運用サービスと言えるでしょう。

 

PayPay資産運用によりPayPayポイントの現金化解禁

PayPayアプリ内ではPayPayポイント運用以外に「PayPay資産運用」と呼ばれる資産運用サービスがあります。

「資産運用」という名称からも分かるとおり、一部のPayPay残高を使って有価証券(米国ETFや投資信託等)を売買できるサービスです。

ここで言う「一部のPayPay残高」というのは、

「PayPayポイント」

「PayPayマネー」

のことを指します。

また、売却した銘柄は全て「PayPayマネー」としてPayPay残高へ入金されます。

これが意味することは、例えば「PayPayポイント」で買い付けした銘柄は売却することで「PayPayマネー」に変わるため、出金可能なPayPay残高に変わるということです。

 

PayPay資産運用がオススメな人

✔PayPayポイントで米国株投資したい

✔PayPayポイントのみで「0円投資」したい

✔PayPayポイントを現金化したい

✔定期的に分配金が欲しい

✔レバレッジETFに投資したい

✔高配当ETFに投資したい

100円以上1円単位で少額投資したい

✔PayPayポイントのみで資産を増やしたい

PayPay資産運用がやばい理由や本当に儲かるのか?損してない?と気になる方は以下に関連記事を掲載していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

\ずっと無料!最短5分で即日発行/

PayPayポイントの現金引き出し方法!換金から出金、現金化する方法を解説

前述したとおり、PayPay資産運用の元手として「PayPayポイント」が利用可能になったことにより、実質的にPayPayポイントの現金化が解禁されることになりました。

競合である「楽天ポイント」や「Pontaポイント」等でも証券口座を介した有価証券のポイント買付を採用している為、PayPayポイントの実質現金化解禁はある意味必然的な流れとも言えるかもしれません。

本項目ではPayPay資産運用を活用したPayPayポイントの現金化方法について解説しています。

PayPayポイントの現金化に関してはYouTubeチャンネル「トクマネ【得するマネーチャンネル】」さんでも解説動画が公開されていますので、あわせて参考にしてみて下さい。

PayPayポイントの現金化の流れは以下のとおりです。

 

PayPayポイント現金化の流れ

①PayPay資産運用を開設

②PayPayポイントでETFを買付

③買付したETFを売却

④売却益を出金して現金化

以下、4つに分けてそれぞれ解説していきます。

なお、楽天ポイントを現金化する方法については以下記事にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

 

PayPay資産運用を開設しよう

冒頭でも解説したとおり、PayPay資産運用は「PayPayマネー」や「PayPayポイント」を元手として有価証券の売買ができるサービスです。

このため、現金を介した取引と同様証券口座の開設が必要となります。

「証券口座の開設か~…」

と難しそうなイメージをしている方もいらっしゃるかもしれませんが、ぶっちゃけ言うと超簡単です。

なぜならPayPay資産運用の場合、PayPayアプリ内に登録している情報を利用するので最短4分で申込が完了するからです。

出典:PayPay公式

PayPay資産運用は、PayPayアプリ内の機能一覧から「PayPay資産運用」を選択して申し込みできる他、PayPayポイント運用内からも申し込みが可能です。

PayPay資産運用⇒PayPay資産運用をはじめる

PayPay資産運用の申し込み方法については以下記事にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

 

PayPayポイントでETFを買付しよう

PayPay資産運用の買付画面では「運用可能額」の欄にPayPayポイントという項目があります。

PayPayポイントで買付

スライドボタンをタップして、PayPayポイントを「使う」状態することでPayPayポイントを利用した買付が可能となります。

PayPay資産運用で購入できる銘柄の種類筆者が実際に買付している銘柄は以下記事にて公開していますので、銘柄選択にお悩みの方は参考にしてみて下さい。

 

買付したETFを売却してPayPayマネーに換金しよう

PayPay資産運用のトップ画面の

保有コース」から売却したい銘柄を選択、

⇒「売る」タップします。

銘柄をタップ⇒売る

売却金額を入力した後、

売却内容を確認する」を選択、

⇒「売却する」をタップします。

入力⇒売却内容を確認⇒売却する

無事、売却が完了しました。

売却完了

売却された金額は「PayPayマネー」としてPayPay残高にチャージされます。

 

売却益(PayPayマネー)を出金して現金引き出ししよう

売却額は「PayPayマネー」になるため、出金可能なPayPay残高になります。

PayPayアプリ内の「ウォレット」を選択し、

⇒「内訳・出金」をタップします。

ウォレット⇒内訳・出金

出金」をタップし、出金する口座を選択します。

出金⇒口座を選択

出金額を入力し、

出金する」をタップします。

出金額入力⇒出金する

無事、出金手続きが完了しました。

PayPayポイントを現金引き出しする際に注意すべき点

本項目ではPayPay資産運用を通じてPayPayポイントを換金・出金する際に注意すべき点について解説していきます。

 

元本割れリスクに注意しよう

PayPay資産運用は、その名のとおり株式投資を通じて「資産運用」を行うサービスです。

PayPay資産運用は米国ETFを中心に厳選された銘柄から選択できるため、スタンダードコースやテクノロジーコース等の米国株価指数に連動するインデックス銘柄への投資を行うことで、中長期的に右肩上がりの成長を期待することができます。

しかしながら、常時右肩上がりの成長するというわけではなく、「〇〇ショック」のような事象により株価が暴落した際には元本割れリスクがあることに注意が必要です。

 

売却しない方が儲かることも

PayPay資産運用の本質的な部分は米国株投資を通じた資産の増加にあります。

これが意味することは、米国企業の株価が右肩上がりの成長を遂げるのであれば、購入した米国株(個別株・ETF)を売却せずに持ち続けていた方が儲かるということです。

以下は、筆者が実際にPayPayポイント及び配当金(分配金)を元手に買付・運用している、実質「0円投資」の運用状況です(タップで拡大可能)。

PayPay資産運用の実績

上記のとおり、評価損益がプラスに推移していることが分かります。

また、上記のような株価上昇による値上がり益だけでなく、銘柄により定期的に配当金(分配金)を貰える点は見逃せないメリットと言えるでしょう。

分配金は出金可能な「PayPayマネー」で入金

このため、筆者の場合は売却せずに保有し続け、株価上昇による値上がり益を享受しつつ定期的に分配金を受け取り、着実に儲かる仕組みを実践・構築しているところです。

筆者のPayPay資産運用の最新運用成績保有銘柄については以下記事にて詳しく解説・公開していますので、どれくらい儲かっているの?と気になる方はあわせて参考にしてみて下さい。

 

出金時の手数料や出金日に注意しよう

PayPayマネー出金時の手数料は、

 ・PayPay銀行であれば無料

 ・PayPay銀行以外であれば100円

かかります。

また、即日出金はPayPay銀行のみ可能です。

  17時まで手続き 17時以降手続き
PayPay銀行 即時 即時
ゆうちょ銀行 3営業日後 4営業日後
その他銀行 翌営業日 翌々営業日

例えば住信SBIネット銀行の場合、出金処理後1~2営業日でATMから引き出しが可能となります。

PayPayポイントは現金化できる?換金して現金引き出し、お金に変える方法まとめ

\ずっと無料!最短5分で即日発行/
PayPayカード

 

POINT

・PayPay資産運用はPayPayポイントで買付可能

 

・売却後は出金可能なPayPayマネーに変わる

 

・元本割れリスクや出金手数料に注意

今回は人気スマホ決済アプリPayPay(ペイペイ)の利用で貯まる「PayPayポイント」を換金・現金に戻す方法についてピックアップしてご紹介しました。

本記事で解説したとおり、PayPay資産運用の仕組みを利用することで「PayPayポイント」の現金化が実質解禁されることになりました。

ただし、ここで考えておきたいのはPayPay資産運用の本質的な部分は米国株投資を通じた資産の増加にあります。

筆者自身、「PayPayカード」をPayPayアプリと連携することで還元率の底上げ・PayPayポイント付与の効率化を図り、貯まったPayPayポイントを全てPayPay資産運用に充てることで元手が実質タダの「0円投資」を実践、金融資産(現金)の増加を図っているところです。

これまで資産運用に触れてこなかった方も含め、本サービスを通じて資産運用を始めてみることは最適な選択肢の一つとなるでしょう。

PayPayポイントについては以下に関連記事もありますので、あわせて参考にしてみて下さい。

\ずっと無料!最短5分で即日発行/