しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

LINE CFDの評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底解説!

LINE CFDで少額投資運用中!しんたろす(@mono_shimtaros)です( ゚Д゚)

今回はLINE証券が提供する少額投資サービス「LINE CFD」をピックアップ!

そもそもLINE CFDってなに?LINE CFDのメリットやデメリット、評判や口コミをまとめて一気に徹底解説していきたいと思います!

 

本記事の狙い

✔そもそもLINE CFDってなに?

 

✔LINE CFDのメリット・デメリットを知りたい

 

✔LINE CFDの評判や口コミを知りたい

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい(゚∀゚)

\最短3分!カンタン手続き/
LINE CFDキャンペーン

LINE CFDとは?

LINE CFDとは、LINE証券が提供するCFD取引サービスです。

CFD取引は「差金決済取引」と呼ばれるサービスで、実際に株式そのものを売買するのではなく、一定の証拠金を担保として入金し、株価の上げ下げから生じる差額により取引を行うサービスです。

出典:LINE証券

??何だかよー分からんだで

大丈夫!見かけ上は通常の株式投資とほぼ同じなので、深く考えなくてもOKです。

でも、通常の株式投資にはできない魅力がたくさんあるのがCFDの強みなのです。

本記事では、LINE CFDの秘めたる魅力に迫りつつ、取引する上での注意点について解説をしていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事 ≫LINE証券で米国株式(アメリカ株)や米国ETFが買える3つの買い方

\最短3分!カンタン手続き/

LINE CFDのメリット

LINE CFDは通常の株式投資ではできない魅力がたくさんあります。

 

LINE CFDのメリット

・少額でレバレッジ取引ができる

・米国株が0.1株から投資可能

・売りから入ることも可能

・ほぼ24時間取引可能

・LINEポイント投資が可能

本項目ではLINE CFDのメリットについて解説していきます。

 

少額でレバレッジ取引ができる

LINE CFDではレバレッジをかけた取引ができます。

レバレッジ取引とは、手持ち資金を担保により大きな資金で取引することを言います。

出典:LINE証券

 

レバレッジの例

(例)手持ち資金が10万の場合

レバレッジ5倍⇒10万×5=50万円分の取引可能

レバレッジ20倍⇒10万×20=100万円分の取引可能

LINE CFDでは「株式CFD」「株価指数CFD」「バラエティCFD」「商品CFD」の4分類から構成されており、分類ごとに最大レバレッジの倍率が異なります。

  レバレッジ 主な銘柄
株式CFD 5倍 Apple、Microsoft、エヌビディア
トヨタ、楽天、ソニー等
株価指数CFD 10倍 NASDAQ100、S&P500等
バラエティCFD 5倍 ARKイノベーションETF、
米国VI、原油ETF等
商品CFD 20倍 金、銀、天然ガス、ガソリン等

NASDAQ100やS&P500等の主要株価指数はもちろんのこと、マイクロソフトやテスラ、アップル等の人気米国株、ARKイノベーションETF等の人気ETFも取り扱っています。

いずれの銘柄も上記のようにレバレッジを掛けた取引ができるので、少額で大きな利益を生み出すチャンスがあるということです。

 

米国株が0.1株から投資可能

LINE CFDでは米国株が0.1株から売買することができます。

例えばAmazonの株を買付する場合、現物株では約36万円の資金が必要となりますが、LINE CFD(いちかぶチャレンジコース)の場合、約7,022円で買付することが可能です。

出典LINE証券(2022年2月末時点株価より)

レバレッジによる資金効率向上と0.1株単位の取引を掛け合わせることで、少額取引が実現可能となっています。

 

取引手数料が無料

LINE CFDは売買に係る取引手数料が無料となっています。

ただし、売りと買いの間にはスプレッド(価格差)が発生している点には注意しましょう。

LINE CFD取引画面

 

売りから入ることも可能

通常の株式投資と異なり、LINE CFD取引においては、売りから入ることもできます。

出典:LINE証券

このため、相場が下落基調に入った場合でも、売りから入り⇒下がったところで買い戻しを行うことで、暴落局面でも儲けることができます。

 

ほぼ24時間取引可能

LINE CFDでは銘柄によっては、ほぼ24時間取引が可能です。

例えば、株価指数NASDAQ100や金などは朝の7時~翌朝5時台(サマータイムの時)までリアルタイム取引が可能となっています。

LINE CFD取引画面

銘柄別の取引時間は以下のとおりです。

【指数CFD】

銘柄名 取引時間(月~金)
日本225先物 米国標準時間 8:30~翌日6:50
米国夏時間 8:30~翌日5:50
米国30先物
米国NQ100先物
米国SP500先物
米国標準時間 8:00~翌日6:05
米国夏時間 7:00~翌日5:05
指数連動ETF 米国標準時間 23:30~翌日5:50
米国夏時間 22:30~翌日4:50

【株式CFD】

銘柄 取引時間(月~金)
日本株 米国標準時間 9:00~11:30
米国夏時間 12:30~14:50
米国株 米国標準時間 23:30~翌日5:50
米国夏時間 22:30~翌日4:50

【バラエティCFD】

銘柄 取引時間(月~金)
米国VI先物 米国標準時間 8:00~翌日6:05
米国夏時間 7:00~翌日5:05
その他ETF 米国標準時間 23:30~翌日5:50
米国夏時間 22:30~翌日4:50

【商品CFD】

銘柄 取引時間(月~金)
原油先物
天然ガス先物

米国標準時間 8:00~翌日6:50
米国夏時間 7:00~翌日5:50

 

専用アプリがめっちゃ使いやすい

LINE CFDでは専用のアプリが提供されており、これがまためっちゃ使いやすいのです。

LINE CFDアプリ画面

移動移動平均線などの各種インジケーター表示や、ラインを引くも可能、自分のお気に入りの銘柄を登録する機能もあるので、投資初心者の方から投資経験者の方まで、さまざまなニーズに答えてくれる機能が満載です。

 

LINEポイント投資が可能

LINE CFDは、LINE証券の投資信託や株式投資と同様にLINEポイントの取引に対応しています。

CFDは少額から取引ができるので、LINEポイントを使うことができるのは非常にありがたいですね(゚∀゚)

\最短3分!カンタン手続き/
LINE CFDキャンペーン

LINE CFDのデメリット

メリットが非常に多いLINE CFDですが、デメリットもあります。

ここからはLINE CFD取引を行う上で注意すべき点について解説していきます。

 

投資できる銘柄がやや限られる

出典:LINE証券

通常の株式投資と比較して、LINE CFDの場合は取引できる銘柄数がやや限定的になっています。

とは言え、主要な株価指数(NASDAQ100やS&P500、日本225等)や人気個別株(MicrosoftやApple、Amazon、トヨタ、レーザーテックetc...)等はかなり押さえている為、個人的にはあまり気にならないところではあります。

最新の取り扱い銘柄一覧も公開していますので、併せて参考にしてみて下さい。

 

ロスカットリスクがある

出典:LINE証券

CFD取引全般に言えることですが、レバレッジを掛けた取引となるため、証拠金維持率が100%を下回った場合にロスカット(強制決済)されます。

ロスカットが発動した場合には、保有している銘柄が成り行き注文で強制的に決済されます。

 

ロスカットの計算例

【条件】

・1株10万円の個別株A(レバレッジ5倍)

・最低必要証拠金:2万円(=10万円÷レバレッジ5倍)

 

【ロスカット目安】

・手持ち資金4万円で個別株Aを1株買い

 ⇒資金4万円÷必要証拠金2万円

  =証拠金維持率200%

・個別株Aがー20%(ー2万円)下落

 ⇒資金4万円ー評価損2万円

  =資金2万円に減少

 ⇒資金2万円÷必要証拠金2万円

 =証拠金維持率100%でロスカット発動

証拠金維持率はCFDアプリ内で随時確認すること可能です。

CFDアプリ内「証拠金状況」

ロスカットされないように資金管理にはくれぐれも注意しましょう。

【運用実績】LINE CFDは儲かる?ガチ成績を公開します

私が実際に運用しているLINE CFDの実績については、以下の記事にて公開しています。

関連記事 ≫【運用実績】LINE CFDでレバレッジ取引やってみた!ブログで成績公開!

買付している銘柄なども公開していますので参考にしてみてください(゚∀゚)

\最短3分!カンタン手続き/

LINE CFDの評判や口コミを調べてみた

LINE CFDの評判や口コミについて調査してみました。

 

LINE CFDの良い評判・口コミ

 

LINE CFDの悪い評判・口コミ

\最短3分!カンタン手続き/

【始め方】LINE CFDで取引を始める手順・流れを解説

LINE CFDで取引を始める方法は以下のとおりです。

 

LINE CFD取引開始のおおまかな流れ

①LINE証券を口座開設(無料)

②LINE CFDの口座開設(無料)

③LINE証券口座に入金⇒CFD口座へ振替

④取引開始

 

LINE証券口座とLINE CFD口座を開設しよう

LINE CFDの取引を開始するにあたり、まずLINE証券の口座開設(無料)をする必要があります。

手続きはすべて無料WEB上で完結するのでカンタンに取引を開始することができます。

3ステップでかんたん口座開設!

関連記事 ≫【画像付】LINE証券の口座開設の手順・流れをわかりやすく解説します

LINE証券の口座開設が完了すると、つづけてLINE CFDの口座開設(無料)に進むことができます。

LINE CFD口座開設(無料)

上記画面のようにLINE CFDは通称「いちかぶチャレンジコース」という名称で呼ばれています。

LINE証券口座開設時に本人確認は完了しているので、CFDの手続きは最短1分程度で完了します(゚∀゚)

 

LINE証券口座からLINE CFD口座へ振替入金しよう

LINE CFD口座へ投資資金を入金するには、一度LINE証券口座へ入金した後、振替手続きを行う必要があります。

クイック入金」を利用することで入金手数料の無料化・即時振替ができるのでおすすめです。

関連記事 ≫LINE証券「LINE CFD」振替入金・振替出金方法と手数料をわかりやすく解説します

 

LINE CFDで米国株取引をはじめよう

振替入金が完了すれば、0.1株から米国株投資の取引を開始できます。

LINE CFDアプリ画面

成行注文や指値逆指値注文はもちろんのこと、IFD注文やOCO注文等にも対応していますので、投資初心者の方からベテランの方まで、さまざまニーズに対応した取引が可能です。

\最短3分!カンタン手続き/

LINE CFDの評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底解説まとめ

 

POINT

・LINE CFDは少額でレバレッジ取引が可能

 

・0.1株から米国株投資ができる

 

・LINE CFDは無料で口座開設できる

今回は少額で米国株投資ができるサービス「LINE CFD」をピックアップし、メリットやデメリット、評判・口コミについてご紹介、解説しました。

証拠金維持率に注意する必要がありますが、米国株価指数や個別株を少額かつ、0.1株単位で購入できるというメリットは他には無い強みと言えます。

少額で投資ができる強みを活かして、貯まったLINEポイントのみで運用するといった事もできそうですよね(゚∀゚)

少額で米国株投資をしたいと考えている方はLINE CFDでの取引を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事 ≫【運用実績】LINE CFDでレバレッジ取引やってみた!ブログで成績公開!

\最短3分!カンタン手続き/
LINE CFDキャンペーン