しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

SBIラップとFOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の違いを解説します

SBIラップ運用中!しんたろす(@mono_shimtaros)です(゚∀゚)

今回はSBI証券が提供する人気ロボアドバイザー「SBIラップ」と株式会社FOLIOが提供するFOLIO ROBO PROの違いについて解説していきます。

 

本記事の狙い

✔SBIラップとFOLIO ROBO PROの違いを知りたい

 

✔SBIラップとFOLIO ROBO PROの特徴を知りたい

 

✔SBIラップとFOLIO ROBO PROはどっちがおすすめ?

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

\最短5分!カンタン手続き/
SBI証券

FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)とは?

FOLIO ROBO PROは株式会社FOLIOが運営している投資一任型のロボアドバイザーサービスです。

FOLIO ROBO PROの最大の特徴はAI運用に特化したロボアドバイザーという事です。

固定された投資配分ではなく、AIが将来の相場を予測し、毎月1回のペースで投資配分の変更・調整(自動リバランス)を行います。

AIは40種類以上のマーケットデータを常時モニタリングしながら、将来相場を予測していくという人間業では不可能な作業を行いながら運用していきます。

出典:FOLIO ROBO PRO公式

一般的なロボアドバイザーと比較しても、高いパフォーマンスを維持していることから、注目されているロボアドバイザーと言えます。

関連記事 ≫FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底解説!

\最短翌日!無料ではじめる/

SBIラップとは?

SBIラップはSBI証券が提供する投資一任型のロボアドバイザーサービスです。

SBIラップの最大の特徴はAI運用に特化しているロボアドバイザーという事です。

SBIラップのAIは、FOLIO ROBO PROを展開する株式会社FOLIOの一任運用基盤システム「4RAP」を採用しています。

このため、FOLIO ROBO PRO同様に常時40種類以上のマーケットデータを分析し、将来相場を予測、毎月リバランスを実施することで、グローバルインデックスのパフォーマンスを上回ることを目指します。

出典:SBIラップ

これだけ聞くと、

 

「全く同じじゃね( ゚Д゚)?」

 

とか思いそうですが、実はいくつかの違いがあります。

関連記事 ≫SBIラップの評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底解説します

FOLIO ROBO PROとSBIラップの違い

FOLIO ROBO PROもSBIラップも投資一任型のロボアドバイザーという点では共通していますが、一つ一つの項目を見ていくと、ちょいちょい違いがあります。

以下、表にまとめてみます。

 
  SBIラップ FOLIO
ROBO PRO
運営会社 SBI証券 FOLIO
種類 投資一任型 投資一任型
手数料
(年率)
0.660% 1.1%~0.55%
投資対象 投資信託 ETF
銘柄選定 自動 自動
運用プラン AI運用 AI運用
最低投資額 1万円 10万円
自動積立 1万円~ 1万円~
自動
リバランス
毎月 毎月
ポイント 貯まる 貯まらない
NISA口座 未対応 未対応

それぞれ、解説していきます。

 

投資対象

SBIラップの投資対象は投資信託になります。対して、FOLIO ROBO PROの投資対象はETFとなります。

ただし、SBIラップの投資信託の中身を見てみると、FOLIO ROBO PROの投資対象と全く同じ銘柄であることが分かります。

投資信託 投資対象
(ETF)
信託報酬(年率) 実質信託報酬(年率)
SBI・米国株式 VTI 0.1606% 0.1906%
SBI・先進国株式 VEA 0.1606% 0.2106%
SBI・新興国株式 VWO 0.1606% 0.2606%
SBI・米国債券 BND 0.1606% 0.1956%
SBI・米国
ハイイールド債
HYG 0.1606% 0.6406%
SBI・新興国債券 EMB 0.1606% 0.5506%
SBI・米国不動産 VNQ 0.1606% 0.2806%
SBI・ゴールド GLD 0.1606% 0.5606%

つまり、SBIラップの実質的な投資対象はETFだが、自社製の投資信託を経由して買付しているという事になります。

 

投資配分の調整(リバランス)

SBIラップはAI予測に基づき、毎月1回のペースで自動リバランスを行います。FOLIO ROBO PROについても、同じく毎月1回のペースで自動リバランスを行います。

一見して同じような仕組みに見えますが、実はFOLIO ROBO PROの方が大胆なリバランスを行う傾向があります。

SBIラップは常に8つの銘柄に分散投資を実施します。

出典:SBIラップ公式

対してFOLIO ROBO PROの場合は、以下のように相場状況によって例えば4つの銘柄に絞り込んで集中投資をすることがあります。

出典:FOLIO ROBO PRO公式

これが意味することは、仮にAI予測に基づく自動リバランスが相場状況と合致した場合、FOLIO ROBO PROの方がより大きなリターンを期待できるという事を意味します。

 

最低投資額

SBIラップの最低投資額は1万円となります。

対してFOLIO ROBO PROの最低投資額は10万円からとなります。

自動積立投資においては、両ロボアドバイザーともに1万円からと共通しています。

 

運用手数料

SBIラップの手数料は年率0.660%となります。対して、FOLIO ROBO PROの手数料は年率1.1%となります。

ここで注意しなければならないのは、SBIラップの投資対象は投資信託となるので、投資信託の手数料(信託報酬)を考慮する必要があるという事です。

出典:SBIラップ公式

上記のように、SBIラップには投資信託の保有コストが上乗せされてくるので、実質の手数料は年率0.955%程度になることが想定されます。

これをもってしても、SBIラップの方が若干手数料が安いのですがね。

この手数料差を埋めるポイントは、やはりAI予測がどの程度正確なのかに掛かってくるのでは?と考えています。

前述したとおり、FOLIO ROBO PROの方が大胆な自動リバランスを行う傾向があるので、実際の相場がAI予測と合致した場合にはFOLIO ROBO PROに優位性があると考えられます。

 

入出金手数料

入金に関しては、クイック入金を利用することで、両ロボアドバイザーともに手数料は無料で処理できます。

対して出金処理の場合、SBIラップは無料であるのに対し、FOLIO ROBO PROの場合は1回につき300円(税込)の手数料が掛かります。

SBIラップとFOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の違いを解説まとめ

 

POINT

・FOLIO ROBO PROはETF、投資信託はSBIラップは投資信託が対象

 

・FOLIO ROBO PROの方が大胆な自動リバランスをする傾向あり

 

・SBIラップは1万円から、FOLIO ROBO PROは10万円から投資できる

今回は注目の投資一任型ロボアドバイザーSBI証券「SBIラップ」とFOLIO「FOLIO ROBO PRO」の違い着目し、両ロボアドバイザーの特徴や違いについて解説していきました。

SBIラップは株式会社FOLIOの一任運用基盤システムを採用しているため、一見して全く同じでは?思いがちではありますが、個々の項目を見ていくとちょいちょい違いが見えてくる結果となりました。

どのロボアドバイザーにしようかな?と迷っている方は、本記事を参考に自身の運用方針にあったロボアドバイザーを選択してみてくださいね。

関連記事 ≫FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)の評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底解説!

 

\最短翌日!無料ではじめる/
FOLIO ROBO PRO

 

\最短5分!カンタン手続き/
SBI証券