しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

PayPay証券で投資信託の取り扱い開始!買い方や銘柄を調べてみた

f:id:shimtarosmonoblog:20211201213713j:plain

PayPay証券で運用中!しんたろす(@mono_shimtaros)です('ω')

今回は1000円から株主!でお馴染みのPayPay証券より、投資信託の取り扱いが開始されたという事で、どんな銘柄が購入できるのか気になったのでチェックしてみましたのでご紹介!!

 

本記事の狙い

✔PayPay証券で少額から資産運用を始めてみたい!

 

✔PayPay証券の投資信託の購入を考えている

 

✔個別株と投資信託どっちがオススメ?

と気になっている方は是非本記事を参考にしてみて下さい(゚∀゚)

PayPay証券

PayPay証券から投資信託が取り扱い開始!!

「1000円で大企業の株主に!」がキャッチコピー?、いや、強みのPayPay証券から投資信託の取り扱いが開始されました!

令和3年9月21日から取り扱い開始で、いやもっと早く記事書けよ、と自分に突っ込みつつ記事を書いてる今日この頃なわけではありますが、これについて私が感じることをツラツラと書いていきたいと思います。

 

取り扱い銘柄数は2つ!?あれ、少なくない?

気になる取り扱い銘柄数ですが、2つです。

はい。

第一印象は…少なくね?( ゚Д゚)です笑。

ただリリースを見る限りでは、やはりPayPay証券は投資を始めたばかりの人にも気軽に投資してもらえるようにという想いがある故の少なさなのだと解釈しました。

その2銘柄をそれぞれ見ていきたいと思います。

 

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)

アセットマネジメントOneが提供する投資信託で、愛称「未来の世界(ESG)」というところからも分かるとおり、世界のESG関連銘柄に投資する投資信託です。

組入上位10銘柄(令和3年10月29日時点)を見てみると、Amazon(8.2%)、サービスナウ(8.1%)、マスターカード(7.5%)、アドビ(6.4%)、HDFC銀行(6.2%)、ショッピファイ(6.1%)、ディズニー(5.9%)、ウーバー(5.9%)、VISA(5.2%)、スクエア(4.9%)という比率になっています。

いわゆるテーマ型の投資信託で、ESG関連銘柄に投資するというもの、ESG関連とか、こじ付け感満載な感じはしますが、直近1年(令和3年10月29日時点)のパフォーマンスは26.55%ということで、インデックス投資と同等か若干上?くらいのパフォーマンスといった印象があります。

上位組み入れ銘柄を改めて見てみると、決済サービス関連の銘柄が多い印象がありますね。個人的にはVISAとかマスターカード、スクエアあたりは今のご時世(バイナウペイレーターの台頭や数多のキャッシュレス決済企業による競争激化)だと微妙じゃね?とか思いますが、ESGというテーマ性ゆえの過ちなのか否か。

信託報酬(年間の手数料)は年率1.848%(税込)ということで、アクティブ投信レベルの手数料の高さです。

また、売却時には信託財産管理費用(信託財産留保額のこと?)として、0.3%の手数料が掛かります。

直近のパフォーマンスと手数料を考慮すると、コスパ的に「??」といった印象は拭えないですね。

 

Oneグローバルバランスファンド

こちらも同じくアセットマネジメントOneが提供する投資信託です。

王道の4つの資産「国内債券」「外国債券」「国内株式」「外国株式」に投資を行い、リスク低減を図りながら資産運用をしていくというものです。

2021年9月に設定された商品なので、年間パフォーマンスは出ていませんが、債券と混ぜて運用するタイプの投資信託なので値動きがマイルドになる一方で、パフォーマンスにはやや不満が残るであろうことが想定される商品ですね。

信託報酬(年間の手数料)年率1.133%(税込)ということで、「未来の世界(ESG)」よりは安い手数料となっております(インデックス型投信の方がもっと安いけど)。信託財産管理費用は掛からないので、売却時に別途手数料を取られることはありません。

 

銘柄の充実には期待したいところ

現状、PayPay証券の投資信託は上記の2銘柄に限られている為、個別株(米国株、日本株)同様に、取扱銘柄数の充実に期待したいところですね。

例えば最近人気のレバレッジNASDAQ100(通称:レバナス)等の投資信託とかあれば、より盛り上がっていくのではないかと思ったり。

現状の2銘柄でどっちに投資するかと聞かれれば、間違いなく「未来の世界(ESG)」選択します。

個人的な意見ではありますが、債券は値動きがマイルド過ぎてパフォーマンスの観点から投資する価値は低いと考えていますので…

PayPay証券

PayPay証券投資信託の買い方について

投資信託の取扱開始によりアプリ画面も一新。

投信タブをタップすると取り扱い銘柄が表示されます。

f:id:shimtarosmonoblog:20211201214838j:plain

PayPay証券アプリ画面

任意の銘柄をタップすると購入画面に移行します。

f:id:shimtarosmonoblog:20211201214834j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20211201214830j:plain
投資信託購入画面

購入ボタンをタップすると以下の画面へ移行します。購入金額を設定し「買う」ボタンをタップすることで購入できます。

f:id:shimtarosmonoblog:20211201214825j:plain

購入単位は個別株同様1,000円単位

購入単位は1,000円のため、上記のように買付可能額が1,000円未満の場合は「買う」ボタンが表示されません。

PayPay証券投資信託のメリットとデメリット

PayPay証券の投資信託について、メリットデメリットを考えたのですが、気になる点と言えば、やはり最低投資金額でしょうか。

他の証券会社を利用している方ならご存じかと思いますが、投資信託って100円から買えるのが当たり前の時代(昔がどうだったか知りませんが)なんですよね。しかし、PayPay証券の投資信託は購入が1000円単位なので、個別株購入においては強みであった特長が投資信託においてはやや機動性に欠ける仕様になってしまっています。

 

取扱開始キャンペーン狙いでの購入もあり!

2022年1月31日までに10,000円以上購入された方を対象に現金5,000円プレゼントキャンペーンを実施しているので、キャンペーン狙いでとりあえず購入するのもアリかもしれないです。

PayPay証券

PayPay証券で投資信託の取り扱い開始!まとめ

 

POINT

・PayPay証券が投資信託の取り扱いを開始!

 

・開始時の取り扱い銘柄数は2つ。今後の充実に期待。

 

・購入は個別株同様1,000円単位となっている。

 

・キャンペーン狙いでの購入もあり

今回はPayPay証券が投資信託の取り扱いを開始したということで、私が感じたことを書いてみました。現状、2銘柄と少ない為、充実している個別株(米国株、日本株)そっちのけで積極的に買いにいこうという気持ちにはならないかなぁといったのが正直なところではありますが、キャンペーン狙いで、もしかしたら購入するかも?な気持ちです。

1000円で気軽に少額投資できちゃうスマホ証券【PayPay証券】 はコチラから口座開設(無料)できるよ('ω')↓

PayPay証券

毎日の積立投資にオススメなSBI証券 はコチラから口座開設(無料)できるよ('ω')↓

SBI証券

原資ゼロのポイント投資にオススメな楽天証券 はコチラから口座開設(無料)できるよ('ω')↓

楽天証券