しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

PayPay残高(ポイント、マネーライト)有効期限の確認方法!期限切れでどうなる?

PayPay残高やポイントの有効期限が気になる!しんたろす(@mono_shimtaros)です( ゚Д゚)

今回はPayPay残高の有効期限についてピックアップしてご紹介!

PayPayマネーやPayPayマネーライト、PayPayポイントの有効期限はいつまで?期限切れしたらどうなる?ということについて解説していきます。

 

本記事の狙い

✔PayPay残高の有効期限は?

 

✔PayPayポイントの有効期限は?

 

✔期限切れしたらどうなるの?

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

PayPay残高(マネー、マネーライト、ポイント)の有効期限は?期限切れでどうなる?

結論、PayPay残高に有効期限はありません。

一度付与されれば無期限で利用することが可能です。

ここで理解しておきたいのは、PayPay残高には4つの区分がある(あった)ということです。

 

PayPayボーナスライトのみ有効期限あり

スマホ決済アプリPayPayにチャージされた電子マネーは、チャージ方法やお買い物による特典付与等により、4つの種類に区分することができます。

この4つの区分を、まとめて「PayPay残高」と呼びます(以下表は横スクロール可能)。

  付与方法 上限額 有効期間 出金 送る・割り勘
PayPayマネー 現金チャージ
PayPayフリマ売上金チャージ等
100万 無期限
PayPayマネーライト PayPayカードチャージ
PayPayあと払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い等
100万 無期限 ×
PayPayポイント
(旧PayPayボーナス)
各種特典・キャンペーン
PayPayモール、Yahooショッピング、LOHACO等
なし 無期限 × ×
PayPayボーナスライト 2021年2月1日に廃止
各種特典・キャンペーン
なし 60日間 × ×

このうち、「PayPayボーナスライト」という期限付きのポイントについては2021年2月1日に廃止となったので、現状「PayPay残高」は3種類存在することになります。

この3種類は、いずれも無期限で利用することが可能です。

ちなみに出金して現金化できるのは「PayPayマネー」のみとなりますので、この点については豆知識として覚えておきましょう。

 

チャージ方法等によりPayPay残高の種類が異なる

例えば、PayPayに銀行口座を使って現金チャージした場合は「PayPayマネー」という扱いになり、出金・現金化できるPayPay残高となります。

PayPayカードによるチャージや、ソフトバンクまとめて支払い(携帯料金扱いで引き落とすチャージのこと)等については「PayPayマネーライト」という扱いになり、出金・現金化することは不可能となります。

PayPayポイント」は、電子マネーPayPayでお買い物をした時やPayPayモール、LOHACO(ロハコ)等の通販サイトで買い物した時に貯まったり、キャンペーン特典により付与されるPayPay残高となります。

なお、PayPayポイントの基本還元率は0.5%ですが、「PayPayカード」の利用等ちょっとした工夫をすることで還元率を高める(2ケタ台も可)ことも可能です。

【要注意】PayPay残高(マネー、マネーライト)を受け取る場合は有効期限あり!!

冒頭にてPayPay残高には有効期限が無いというお話をしましたが、1点注意すべき事項があります。

PayPayアプリの機能で「送金」機能があります。

送金機能については公式から紹介動画が公開されているので、ぜひご覧ください。

「送金」機能はPayPay IDや電話番号、SNS等を活用して「PayPayマネー」や「PayPayマネーライト」を送金する機能です(送金対象のPayPay残高は以下表うを参照のこと)。

  付与方法 上限額 有効期間 出金 送る・割り勘
PayPayマネー 現金チャージ
PayPayフリマ売上金チャージ等
100万 無期限
PayPayマネーライト PayPayカードチャージ
PayPayあと払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い等
100万 無期限 ×
PayPayポイント
(旧PayPayボーナス)
各種特典・キャンペーン
PayPayモール、Yahooショッピング、LOHACO等
なし 無期限 × ×
PayPayボーナスライト 2021年2月1日に廃止
各種特典・キャンペーン
なし 60日間 × ×

この送金機能を利用した場合、受け取り側は48時間以内に受け取りを完了しなければ、送金した側にPayPay残高(PayPayマネー又はPayPayマネーライト)が戻ってしまいます。

送金後は忘れずに受け取ろう

送金した側はPayPay残高が戻ってくるだけなので問題は無いのですが、受け取り側(送金された側)は時間制限があるため、うっかり忘れて損してしまうなんてことも。

「うっかり忘れ」を防止するためにも、PayPayが送金された場合には後回しにせず、直ちに受け取るようにしましょう。

PayPay残高(ポイント、マネーライト)の有効期限の確認方法!期限切れでどうなる?まとめ

 

POINT

・PayPay残高は無期限で利用できる

 

・送金機能は48時間以内の受取制限アリ

 

・送金して受取の無かったPayPay残高は送金した側に戻る

今回はPayPay残高の有効期限についてピックアップしてご紹介しました。

PayPay残高である「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」「PayPayポイント」はいずれも有効期限なしで無期限利用が可能。

ただし、「送金」機能利用時には受け取り側に48時間以内の受取制限があることに注意しましょう。