しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【SCOA(スコア)対策】地方公務員試験(市役所)教養試験のコツを解説

f:id:shimtarosmonoblog:20200429222259j:plain

こんにちは、しんたろす(@mono_shimtaros)です。

今回の記事では、公務員試験界隈で最近増えている教養試験の新方式「SCOA(スコア)」に焦点を当て、実際に受験した時の感想と合格するコツや戦略について、実際に使用した参考書を紹介しながら、まとめたいと思います。

 

本記事の狙い

✔教養試験新方式SCOA(スコア)について知りたい

 

市役所への就職、転職を考えてる

 

✔公務員試験合格に向けたコツを教えてほしい

という方は、ぜひ今回の記事を参考に自身の勉強法を構築してみて下さい。

それでは、いってみよう!!

SCOA(スコア)とは

SCOAは総合適性検査のことで、基礎能力検査パーソナリティ検査事務能力検査の3つから構成されている試験です。

企業の採用試験では基礎能力検査とパーソナリティ検査の2つを使用することが多いとのことで、実際に私が受験した市役所でも、この2つの方式を利用した採用試験を実施していました。

基礎能力検査については、言語、数理、論理、英語、常識(社会、理科)の5科目、計120問を60分で行うこととなります。 

パーソナリティ検査については、要するに性格検査みたいなもので240問を35分で行うこととなります。

今回の記事では、対策が必要となる基礎能力検査について深堀りしていきたいと思います。

 

SCOA基礎能力検査対策

ここからはSCOAの中でも基礎能力検査の対策について書いていきます。

 

SCOA(スコア)参考書について

SCOA対策のそもそもの問題として、まともな問題集が無いということが挙げられます。

通常の公務員試験であればスー過去等を中心とした良質な問題集が販売されているので、独学での対策は講じやすいのですがね…

 SCOAは歴史が浅いのか、需要が無いのか、イマイチ問題集がパッとしないのが正直なところです。

そんな中でも、唯一使える対策問題集を2つを紹介しておきます。

 SPIノートの会はSPI関連の問題集を出している出版社で有名ですが、SCOA対策の問題集も出しています。

SPIノートの会の問題集は、か・な・り優しい問題ばかりなので、雰囲気を掴むのに軽~くやる程度です。

「これ1冊でOK」みたいなレビューを見たことがありますが、正直に言います、無理です。

より本番に近い難易度の問題集が「明快!SCOA総合適性検査」です。

解説の粗さが目立ちますが、問題の難易度としてはこちらの問題集が本番に近い印象がありました。

SCOA対策の参考書・問題集は基本的にまともなモノが無いので、唯一使えそうな上の2冊を使用して合格しました。

問題の難易度は通常の公務員試験と比較すると易しい問題が多いという印象です。

  

勉強期間と勉強時間

通常の教養試験と異なり、問題そのものの難易度はそこまで高くないので、1日10時間集中してやり込めば3ヶ月程度で対策はできるかと思います。

合格のコツと戦略

SCOAの最大の特徴として、問題数と試験時間のバランスがおかしいということが挙げられます。

”通常の公務員試験対策を取っていれば大丈夫”

という意見も聞いたことがありますが、ぶっちゃけ大丈夫ではありません。

全然ダメです。

具体的に言うと、1問あたりの平均解答時間は30秒しかありません。

通常の公務員試験のペースで解いていたら死にます。マジで。

これは裏を返せば、全問解かせる気が無い試験であると私は判断しました。

全問解かせる気が無いのであれば、捨てる問題を選定しなければならない。

ではどの問題を捨てるのか?

私は以下の戦略で挑みました。

 

英語と国語の文章題は捨て科目

文章題が苦手な人には朗報です。

SCOAの問題の中でも最もコストパフォーマンスが悪い問題が英語と国語の文章題であると私は考えています。

基本的にこの手の文章題は作問者のセンスが悪いのか、30秒で解かせる気が無い問題ばかりです。

このことから、文章題は解く時間のムダだと判断し、勘でマークすることとしました。

これで他の問題に時間を割くことが可能となります。

 

数的処理系で稼ぐ

通常の教養試験で言うところの数的処理のような問題も出ます。

なかでも、四則計算数列推論サイコロの問題についてはパターンが問題集に載っているものとほぼ同じなので、点数の稼ぎ頭として活躍できることが期待できます。

必ず点数を取りたいところです。

 

知識問題で稼ぐ

社会や理科、歴史、国語の問題です。

問題レベルは中学~高校レベルくらいなので、重点事項さえ押さえることができれば点数に結び付けることができます。

対策としては中学高校向けの参考書を利用するのが効率的です。

漢字や慣用句はこちらの参考書で勉強しました。

また、時事問題も出ますので、これについては以下の参考書で対策を行いました。

実務教育出版の「速攻の時事」でもいいのですが、個人的にはTAC出版の「時事コレ!」の方がよくまとまっていて分かりやすかった印象があります。

 

最終的に分からない問題は勘でマーク

文章題を全捨てしても、時間が間に合わないと思いますので、分からない問題は躊躇なく勘でマークしてください。

適当にマークしたら減点されるというわけでは無いので、分からない問題はまずどんどん飛ばしていき、最後の残り時間で一気に勘でマークしていくようにしましょう。

その他注意点について

 受験案内の表記に注意

注意点として、自治体の採用試験案内にSCOA方式である記載がない場合があるということです。

もし、試験案内で「教養試験」と記載されているにもかかわらず「試験時間60分、問題数120問」と明らかに問題数と時間のバランスがおかしい記載があれば、SCOAによる基礎能力検査であることを疑ってください。

 

足切りはあるのか

足切りの有無については分かりませんでした。

 

おまけ「パーソナリティ検査」について

私が受験した市役所では、基礎能力検査の他に「パーソナリティ検査」と呼ばれる適性検査が行われました。

問題数は240問時間は35分で全問解答とシビアな時間配分ではありますが、なんのことはない。

ただの性格検査です。正直に答えればよいのです。

ただし、明らかにヤバい質問があった場合の答え方には注意が必要です。

例えば

たまに黒い影が見える

誰もいない場所から声が聞こえる

みたいな質問に対して「YES」と答えてしまったら、よろしくないということです。

「その人に霊感があるだけかもしれないじゃないか!( ゚Д゚)」

という意見もあるかもしれませんが、この辺はテクニックとして割りきりましょう。

実際にそうなった経験があるかどうかは別として、明らかにヤバい質問については客観的に考え、常識的な回答を行うことが必要です。

 

SCOA対策まとめ

 

POINT

1問当たり30秒で解く検査

 

・通常の公務試験対策では無理

 

文章題は捨てる

 

・数的処理系、知識系で点数を稼ぐ

私が受験した市役所では受験案内に「教養試験」と記載がされており、途中まで通常の公務員試験の教養試験対策をしていたのですが、後になって試験時間と問題数のバランスが明らかにおかしい試験時間60分で120問)ことに気づき、いろいろ調べた結果「SCOA(スコア)」による基礎能力検査であることが判明しました。

途中で気づけたので、なんとか対策を打ち合格することができましたが、おそらく通常の教養試験対策のみで挑んでいたら落ちていたことでしょう。

今後公務員試験の中でも、特に市役所を受ける方については、受験案内の試験時間と問題数を確認することをオススメします。

というわけで、今回の記事はこれまで。

皆さんの公務員試験対策のお役に立てば幸いです。

以上、しんたろすでした(=゚ω゚)ノ