しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

メルカリ定額払いのやばいデメリット3選!分けて支払うと手数料はどうなる?

メルカリの「メルペイ定額払い」の手数料がやばい?しんたろす(@mono_shimtaros)です(゚∀゚)

今回は人気フリマアプリ「メルカリ」が提供する定額払いサービス「メルペイ定額払い」をピックアップしてご紹介!

そもそもメルカリ「メルペイ定額払い」とは?メルペイ定額払いの手数料がやばいってマジ?定額払いに潜むデメリットについても解説していきます。

 

本記事の狙い

✔メルペイ定額払いのやばいデメリットとは?

 

✔メルペイ定額払いのメリットとは?

 

✔メルペイ定額払いの手数料がやばいって本当?

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

メルカリ「メルペイ定額払い」とは?

フリマアプリ「メルカリ」が提供している支払いサービスで「メルペイ定額払い」というものがあります。

「メルペイ定額払い」とは、メルペイスマート払い(あと払い)やメルカード利用時の代金お支払いを毎月一定額に分けることができる支払い方法です。

本項目ではメルカリ「メルペイ定額払い」の概要について解説していきます。

メルカリ初のスマホ決済「メルペイ」の基本情報等については以下記事にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

 

メルペイ定額払いは「リボ払い」に近いサービス

メルペイ定額払いは、月々の支払いが一定額になるという特長から、クレジットカードでいう「リボ払い」に近い支払方法、というかほぼ「リボ払い」です。

【例】10,000円の商品の場合

 ・メルペイあと払いで購入

  ⇒2000円ずつ定額払いに変更

  ⇒月々の支払いが2,000円ずつに

ユーザーは月々の支払金額を1,000円単位で任意に設定できるほか、支払いシミュレーションを活用することで毎月支払額および、支払い完了付きを随時確認することが可能なため、支払い管理がしやすくなる特長があります。

 

メルカード決済も定額払いの対象に

メルカリ発のクレジットカード「メルカード」が誕生したことにより、メルペイスマート払いの決済だけでなく、JCB加盟店におけるメルカード決済についても、「あと払い」の枠組み入ったことから定額払いの対象となりました(一部決済を除く)。

 

メルペイ定額払いには審査が必要

メルペイ定額払いには審査が必要です。

前述したとおり、メルペイ定額払いは、クレジットカードの「リボ払い」と同等の支払い方法となるため、信用にかかる審査が発生します。

過去に延滞や未払い等、信用情報の履歴に影響を与えるような行為があった場合、審査に落ちる可能性があります。

逆にそういった行為が無ければ、大衆向けのサービスという点を考えても、余程のことが無い限り審査は通過できるものと考えられます。

 

メルペイ定額払いの手数料について

メルペイ定額払いには年率15.0%の手数料が発生します。

支払い元金の残額に対して手数料が発生するため、支払期間が長ければ長いほど手数料が多くなることになります。

また、支払い遅延が発生した場合には、年率14.6%の遅延損害金が発生するので、この点についても注意が必要です。

 

メルカリ「メルペイ定額払い」のやばいデメリット3選

メルペイ定額払いについて、実際に利用してみて分かったデメリットを解説していきます。

 

とにかく手数料が高い

前述したとおり、メルペイ定額払いには年率15.0%の手数料が発生します。

これは控えめに言っても高い手数料です。

【例】¥50,000をあと払い購入

 ・毎月¥5,000ずつメルペイ定額払い設定

 ・利用日翌日から当月末日まで30日間

のケースにおいて、

 当月手数料=¥50,000×15.0%/365日×30日

      =¥616

 元本充当分=¥5,000-¥616

      =¥4,384

 定額払い残高=¥50,000-¥4,384

       =¥45,616

手数料は定額払いの残高に対して発生することから、支払い期間が長ければ長いほど手数料もかかることになります。

逆を言えば、支払い期間が短ければ短いほど手数料も逓減されるということです。

以下画面は、私が実際にAmazonでメルカード決済した商品を定額払いに変更したものですが、毎月手数料が発生しているのが分かります。

支払い期間も意識しよう

月々の支払金額を設定する際には手数料はもちろんのこと、

いつ支払いが完了するのか?

ということについても意識するようにしましょう。

 

定額払いの利用には年齢制限&審査あり

定額払いは20歳未満のユーザーは利用することができません。

また、前述したとおりメルペイ定額払いはクレジットカードの「リボ払い」と同等の支払い方法となるため、信用にかかる審査が発生します。

過去に延滞や未払い等、信用情報の履歴に影響を与えるような行為があった場合、審査に落ちる可能性があります。

 

使い過ぎリスクに注意しよう

メルペイ定額払いを利用することで月々の支払いを少なくすることができます。

これが意味することは、一時的ではありますが手持ち資金に余裕ができる状態になりやすいということです。

手持ち資金に余裕ができるということは、消費をしやすくなる傾向に陥る為、結果として多くのお金を使ってしまうリスクがあるということです。

メルカリ「メルペイ定額払い」のメリット5選

定額払いは手数料等のデメリットが目立つ一方で、使い方によってはメリットがあるのも事実。

本項目では、メルペイ定額払いを実際に使ってみて分かったメリットについて解説します。

 

毎月の支払い額を一定化できる

定額払いの強みとしてまず挙げたいのが、支払い金額の一定化です。

月々の支払金額を一定化することで、支払い管理がしやすくなるメリットがあります。

1,000円単位で設定可能

ユーザーは1,000円単位で支払金額の設定が可能となります。

 

定額払いに切り替え、急な出費に対応可能

例えばメルカード決済で一括払いにしたものの急な出費により翌月一括払いが厳しい!となった場合、定額払いへの切り替えが可能です。

商品毎に切り替え可能

定額払いへの切り替えは商品毎に設定可能なので、必要に応じて随時設定することが可能です。

 

いきなり高額商品を購入できる

メルペイ定額払いは月々に分けて支払いができるという特性上、極端な話、いきなり高額商品を購入することも可能です。

月々の支払金額は1,000円単位で一定化できるため、毎月の支払い管理という観点からも強みを発揮します。

ただし、使い過ぎは禁物。

デメリットでも挙げたとおり、年率15.0%とお世辞にも安い手数料とは言えないので、定額払いの利用にあたっては、支払い完了時期がいつになるのか?手数料の合計金額はどのくらいになるのか?ということについて、定額払いシミュレーションを活用して必ず確認するようにしましょう。

 

「定額払いシミュレーション」で支払いイメージを明確化

メルペイ定額払いはメルカリアプリ「マイページ」内でいつでも支払い時のシミュレーションを参照可能です。

定額払いのプランを確認⇒プランを変更する

「定額払いのプランを確認」をタップ、

「プランを変更する」をタップすることで、定額払いシミュレーションを参照できます。

定額払いシミュレーション

シミュレーションでは、支払い残高や手数料合計、月々の支払額の元金・手数料等を確認できるほか、月々の支払金額の変更もできます。

「定額払い」はクレジットカードでいう「リボ払い」に相当する支払い方法で、残額に対して手数料が発生することから、支払い期間が長ければ長いほど手数料が増加することとなります。

これが意味することは、基本的に月々の支払い設定額を高くして支払い期間を短くした方が手数料の観点からお得になるということです。

シミュレーションを活用することで手数料の比較も容易にできるので、自身のお財布事情に合わせて適切な金額を設定しましょう。

 

キャンペーン活用によりお得になるケースあり

メルペイ定額払いは時期によりポイント還元キャンペーンを実施している場合があります。

実際、私の場合はメルカードを利用した「メルペイ定額払い」キャンペーンの活用により、支払い元金の25%分のポイント還元を受けることができたので、結果として手数料以上のポイント還元を受けたことになります。

こうしたキャンペーンを活用することで、月々の支払額を抑えつつ、実質的に手数料をかけずに定額払いを利用することも可能です。

メルカリ「メルペイ定額払い」の設定・切り替え方法

本項目ではメルペイ定額払いへの設定・切り替え方法について解説していきます。

※筆者の場合、メルカード決済による定額払いを活用している為、これベースに解説していきたいと思います。

 

メルカード又はメルペイスマート払いを申し込みしよう

メルペイ定額払いを使うには、メルカード又はメルペイスマート払い(あと払い)を申し込む必要があります。

いずれもメルカリアプリから申し込むことができます。

メルカリアプリ未登録の方は、当ブログ限定でメルカリアプリ登録時に以下の招待コードを入力すると無料でポイントを貰えるので、この機会に登録しておくことをオススメします。

招待コード:PQHSGE

フリマアプリはメルカリ - メルペイのスマホ決済でもっとお得

フリマアプリはメルカリ - メルペイのスマホ決済でもっとお得

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

 

メルカリの商品購入で定額払いを利用するケース

メルカリの商品購入画面で「あと払い」を選択します。

「あと払いする」をタップ

「あと払いをする」をタップすると購入手続き画面に移行します。

定額払い」をタップ後、設定金額を選択し「購入する」をタップすれば定額払いが可能です。

定額払い⇒設定金額を選択

 

メルカリ以外の購入で定額払いを利用するケース

メルカリ以外で定額払いを利用する場合、一度メルカード決済(メルペイスマート払い)で一括払いにて決済した後、メルカリアプリ上で定額払いに切り替える必要があります。

メルカリアプリ「マイページ」内にある「あと払い利用枠」の項目にある以下のボタンをタップします。

あと払い利用枠項目内のボタンをタップ

月々に分けて支払う(定額払い)

をタップします。

「月々に分けて支払う(定額払い)」をタップ

当月利用分の商品一覧が表示されるので、定額払いにしたい商品をタップして「確定して次に進む」タップします。

「確定して次に進む」をタップ

定額払いシミュレーションの画面に移行しますので、「金額を設定」をタップして月々の支払金額を設定します。

月々の支払金額を設定

設定の確認を求められるので、内容に間違いが無いかを確認し「定額払いの設定を確定する」をタップします。

「定額払いの設定を確定する」をタップ

無事設定が完了しました。

 

定額払いを追加設定する方法

定額払いする購入品を追加したい場合、メルカリアプリ「マイページ」内の「定額払いプランを確認」から追加で設定することが可能です。

定額払いのプランを確認⇒プランを変更する

定額払いへの変更は、あと払いで購入した翌月末日の前日20:00まで設定が可能です。

メルカリ定額払いのやばいデメリット3選!分けて支払うと手数料はどうなる?まとめ

 

POINT

・メルペイ定額払いは月々の支払いを一定化が可能

 

・手数料は年率15.0%と高め

 

・シミュレーションで支払いイメージを確認可能

今回は人気フリマアプリ「メルカリ」が提供する定額払いサービス「メルペイ定額払い」をピックアップして紹介・解説しました。

メルペイ定額払いは手数料が年率15.0%と控えめに言っても安い手数料とは言えません。

一方で支払い金額の一定化や、急な出費が発生した際の支払金額の低減化等、見逃せないメリットがあるのも事実です。

本記事を参考にメルペイ定額払いを活用してみてはいかがでしょうか?