しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【フリクションの文字を復活させる】冷やすと復活すると聞いて試したらとんでもないことに

f:id:shimtarosmonoblog:20200225201856j:plain

消えた文字が復活する?そんな魔法のようなことができるの?

せっかく大事なことを書いたのに、間違って消してしまった!って時ありますよね。そんな時に文字が復活したら、どんなに嬉しいことでしょう!って思ったり。

 というわけで今回の記事では、そんな魔法のような裏技が本当にできるの?というのを検証・実験してみたのでご紹介します!

それではいってみよう!!

用意するもの

以下の3つを用意して検証・実験を行っていきたいと思います。 

・フリクションなど消せるタイプのボールペン

 

(ルーズリーフ)

 

サランラップ(ジップロックでもOK)

 

本当に復活する?検証開始!

今回検証するのは、

・通常のフリクションボールノック

・高級なフリクションポイントノック04

・激安の無印良品こすって消せるボールペン

の3種類で検証・実験します。

ルーズリーフに文字を記載

まず、ルーズリーフにそれぞれのペンを使って文字を書いていきます。

f:id:shimtarosmonoblog:20200225202036j:plain

上から

「フリクションボールノック」

「ポイントノック04」

「こすって消せるボールペン」

の順に書いてみました。

相変わらず無印良品は色がうっすぃーです。

書いた文字を消す

次に書いた文字を消していきましょう。

f:id:shimtarosmonoblog:20200225202021j:plain

f:id:shimtarosmonoblog:20200225202010j:plain

はい、消えました。

 

サランラップで包み込む

消し終わったら、サランラップを用意し、ルーズリーフを包みます。

もしサランラップが無い場合はジップロックなどでもOKです。ルーズリーフに水分が付着しないように包み込んでください。

f:id:shimtarosmonoblog:20200225201945j:plain

 

冷蔵庫で冷やす

ルーズリーフを包み終わったら、これを直接冷凍庫へ入れこみます。

だいたい1日くらい寝かせてください。

 

1日後…

 

冷凍庫から出してみると…

f:id:shimtarosmonoblog:20200225201926j:plain

うおおおっ!!!!!

 

急いでラップを開きます!

f:id:shimtarosmonoblog:20200225201904j:plain

無事に文字が復活してました!!

マジで戻っとる( ゚Д゚)

フリクションの仕組みを利用した裏技

これはフリクションの特性を利用した裏技です。

フリクションは60℃以上になると透明になり、マイナス10度以下になるともとの色に復元をし始めます。そしてマイナス20度以下になると完全に色が戻るという特性を持っているのです。

無印良品の「こすって消せるボールペン」も同じ成分を使っているという噂を聞いたので、もしやと思いやってみました。もともと色味が薄いので心配でしたが、無事復活することができました。

 

悪用厳禁だわよ

種明かしからも分かるとおり、フリクション系の特殊インクは、こすることで消えるのではなく、透明になるに過ぎません。なので、今回の裏技を使ってしまうと、消したつもりの文字が復元されてしまうことになります。

例えば、あなたがフリクションでAさんの文句をボロクソに紙に書いて、消したとしても、Aさんがそれを冷凍庫に入れて一晩おけば、復元されてしまうということです( ゚Д゚)

 

まとめ

 

POINT

・消えた文字は復活できる

 

・インクの特性を利用する

 

・冷凍庫で1日冷やせばOK

 

今回の裏技は、パイロットの公式サイトを参考に検証させていただきました。

正直、私も最初は半信半疑でしたが、本当に復活したので驚いてます(;・∀・)

フリクションて消すだけじゃなくて戻すこともできるのね。という。

もし間違えて消してしまった時や、高温下で勝手に消えてしまった時は、今回の記事を参考に文字を復活させてみて下さい!!

小学生の自由研究とかでも使えるかも←

というわけで、今回はこれまで!以上、しんたろすでした。