しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【銘柄の違い】楽天ポイント運用「アクティブ」と「バランス」どっちがおすすめ?

f:id:shimtarosmonoblog:20210314115315j:plain

楽天ポイント運用をお試し中のしんたろす(@mono_shimtaros)です(*´ω`)

今回は楽天が展開する投資疑似体験サービス「楽天ポイント運用」のコースの違いに焦点を当て、分かりやすく解説・ご紹介していきたいと思います。

 

本記事の狙い

楽天ポイント運用を運用中&興味がある

 

アクティブコースバランスコースの違いを知りたい

 

✔結局どっちのコースがオススメなの??

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さいね!

それでは、いってみよう('ω')ノ

ポイ活におすすめ!ザクザク貯まる楽天カード(゚∀゚)/

そもそも楽天ポイント運用って何なの?

楽天ポイント運用」とは、楽天ポイントを利用して気軽に投資の疑似体験ができるサービスです。

通常の資産運用と異なり、楽天ポイントで運用した運用益を楽天ポイントで還元するという性質上(現金にはならない)、証券口座を開かないで運用ができるため、これから投資を始めてみたいな~と思っている方には打ってつけの資産運用サービスであると考えています。

言い換えれば、楽天のもう1つの類似サービス「楽天ポイント投資」の簡易版として位置づけられているサービスとも言えますね。

楽天ポイント投資」の場合、「楽天ポイント運用」とは異なり、ポイントを実質現金化して運用することとなるため、証券口座を開かなければ利用できない一方で、数多の投資信託から銘柄選定することができるので、資産運用の選択幅が広がるというメリットがあります。

 

楽天ポイント運用は2つのコースから選択します

今回ご紹介する「楽天ポイント運用」については2つのコースが設定されているわけですね。

具体的には「アクティブコース」と「バランスコース

ユーザーはこの2つのコースから選択して運用していくこととなります。「アクティブ」と「バランス」、名称からなんとな~く想像は付きそうな感じがしますが、それぞれのコースについて何がどう違うのか?深堀りしていきたいと思います。

 

アクティブ運用コースの銘柄について分かりやすく解説

アクティブコースは株式投資を重視した運用コースとなっています。具体的には投資信託「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」に連動する運用コースとなっています。

この「株式重視型」というのは株式70%債券30%のポートフォリオにより運用されるもので、対象は全世界(株式で言えば8000銘柄程度)に及ぶものとなります。一般的に株式重視というのは値上がり益を重視した積極的な運用となります。

直近のパフォーマンスを見てみましょう。

f:id:shimtarosmonoblog:20210314105054j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20210314105112j:plain
楽天証券より抜粋

直近1年の年率リターンを見てみると45.40%であることが分かります。

バランス運用コースの銘柄について分かりやすく解説!

バランスコースは債券投資を重視した運用コースとなっています。具体的には投資信託「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)」に連動する運用コースとなっています。

この「債券重視型」というのは株式30%債券70%のポートフォリオにより運用されるもので、アクティブコースの比率とは対なるものとなっています。一般的に債券重視というのはリスクの低い(ディフェンシブ)な運用となります。

直近のパフォーマンスを見てみましょう。

f:id:shimtarosmonoblog:20210314105100j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20210314105106j:plain
楽天証券より抜粋

直近1年の年率リターンを見てみると17.91%であることが分かります。アクティブコースと比較して上昇下落ともにマイルドな値動きであることが分かります。

 

【銘柄選定】ぶっちゃけどっちのコースがオススメなの??

2つのコース、結局どっちがオススメなの?という話ですが、結論から申し上げますと、断然「アクティブコース」がオススメです。

理由は簡単です。アクティブコースの方が中長期的に見て圧倒的にパフォーマンスが良いからです。前項目にてアクティブコースおよびバランスコースのパフォーマンスを見ていただくと分かるとおり、明らかにアクティブコースの方がリターンが優れていること分かります。

リスクオフ場面での短期的な下落リスクはあるものの、インデックスを基本とした投資の場合は中長期的な目線で値上がり益を取れる銘柄を選定すべきであり、現金と比較して少額となるポイント運用という性質から考えても、債券重視のポートフォリオはあまりにも消極的(マイルド)すぎるというのが私の考えです。

とまあ、言葉だけを並べてもあれなので、実際に「アクティブ」「バランス」にぞれぞれ500ポイントずつ投資してパフォーマンス検証を開始することとしました。

f:id:shimtarosmonoblog:20210314113402j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20210314113357j:plain
左が「アクティブ」右が「バランス」

 

2021年4月3日時点の運用実績

 

2021年4月10日時点の運用実績

着実にアクティブコースが差を付けていることが分かります。この手軽さで勝手に楽天ポイントが増えていく感覚がクセになりそうですね。引き続き放置します。

 

2021年5月2日時点の運用実績

アクティブが+4.2%のパフォーマンスを叩き出しています。バランスとの差をさらに広げており、株式重視のポートフォリオの強さを物語っています。証券口座不要で、しかも放置しているだけなのに勝手に楽天ポイントが増えていくという画期的なシステム「楽天ポイント運用」の素晴らしさを実感しつつある今日この頃です。

う~ん、正直これ知ってると知らないとじゃ中長期的に大分差が出てくると思うんですよね。でも、意外と知らない&利用してない方って多い気がする。それを広げるのがブログの役目だったりするわけなんですけどね。資産運用に抵抗感がある方は、まず楽天ポイント運用から始めて!!と強く主張したいです('ω')

最新の運用状況についてはTwitter等で定期的にフォローアップできればと思っていますので、是非チェックしてみて下さいね。

楽天ポイント運用「アクティブ」と「バランス」どっちがおすすめ?まとめ

 

POINT

証券口座いらずで運用できる疑似資産運用サービス

 

・「アクティブ」と「バランス」の中身はどちらも投資信託

 

・値上がり益が期待できる「アクティブ」が断然おすすめ

今回は楽天ポイント運用の2つのコース「アクティブ」と「バランス」の違いに焦点を当て、結局どっちがおすすめなの?ということについて解説していきました。

これから楽天ポイントで資産運用を考えている方や既に始めている方、「アクティブ」と「バランス」にお悩み中の方は、今回の記事を是非参考にしていただければ幸いです。