しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

PayPayマネーライトで支払いできない?使えない店はどこ?

PayPayマネーライトで支払いできない?使えない店はどこ?しんたろす(@mono_shimtaros)です(゚∀゚)

今回は人気スマホ決済サービスPayPay(ペイペイ)より、「PayPayマネーライト」の支払いについてピックアップ!

PayPayマネーライト支払いができないって本当?PayPayマネーライトが使えるお店とは?ということについて解説していきます。

 

本記事の狙い

✔PayPayマネーライト支払いができない

 

✔PayPayマネーライトが使えない店は?

 

✔PayPayマネーライトの基本情報を知りたい

と気になっている方はぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

\ずっと無料!最短5分で即日発行/
PayPayカード

PayPayマネーライトとは?

本項目ではPayPayアプリ内でチャージできる「PayPayマネーライト」の基本情報についてまとめていきます。

 

PayPayマネーライトはPayPay残高の一種

PayPayマネーライトはPayPay残高の一種です。

スマホ決済アプリPayPayにチャージされた電子マネーは、チャージ方法やお買い物による特典付与等により、4つの種類に区分することができます。

この4つの区分を、まとめて「PayPay残高」と呼びます(以下表は横スクロール可能)。

  付与方法 上限額 有効期間 出金 送る・割り勘
PayPayマネー 現金チャージ
PayPayフリマ売上金チャージ等
100万 無期限
PayPayマネーライト PayPayカードチャージ
PayPayあと払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い等
100万 無期限 ×
PayPayポイント
(旧PayPayボーナス)
各種特典・キャンペーン
PayPayモール、Yahooショッピング、LOHACO等
なし 無期限 × ×
PayPayボーナスライト 2021年2月1日に廃止
各種特典・キャンペーン
なし 60日間 × ×

このうち、「PayPayボーナスライト」という期限付きのポイントについては2021年2月1日に廃止となったので、現状「PayPay残高」は3種類存在することになります。

例えば、PayPayに銀行口座を使って現金チャージした場合は「PayPayマネー」という扱いになり、出金・現金化できるPayPay残高となります。

PayPayカード(PayPayあと払い)によるチャージや、ソフトバンクまとめて支払い(携帯料金扱いで引き落とすチャージのこと)等については「PayPayマネーライト」という扱いになり、出金・現金化することは不可能となります。

PayPayポイント」は、電子マネーPayPayでお買い物をした時やPayPayモール、LOHACO(ロハコ)等の通販サイトで買い物した時に貯まったり、キャンペーン特典により付与されるPayPay残高となります。

なお、PayPayポイントの基本還元率は0.5%ですが、「PayPayカード」の利用等ちょっとした工夫をすることで還元率を高める(2ケタ台も可)ことも可能です。

 

PayPayマネーライトは出金できない

前項目にて解説したとおり、現金化できるPayPay残高は「PayPayマネー」のみとなります。

例えば以下のようなケースは「PayPayマネー」となります。

PayPayアプリメニュー「残高(ウォレット)」より「チャージ(+ボタン」をタップし、銀行を指定してチャージ金額を入力します。

残高⇒チャージ

無事チャージが完了しました。

チャージ完了

上記ケースは、PayPayアプリに登録した住信SBIネット銀行から200円をチャージした例ですが、これは「PayPayマネー」という扱いになり、出金・現金化対象のPayPay残高となります。

言い換えれば、銀行預金やPayPayフリマ売上等の実質「手持ち現金」経由のチャージ方法は「PayPayマネー」という扱いになり、出金・現金化が可能。

一方で、クレジットカードや携帯料金引き落とし経由の「前借り」的なチャージ方法は「PayPayマネーライト」という扱いになり、出金・現金化することはできないということです。

PayPayマネーライトが使えない店は?支払いできない時の対応

PayPayマネーライトはPayPay決済の元手となる「PayPay残高」の一種であることから、基本的には普段のお買い物で使えるPayPay残高となるわけですが、一部店舗においてはPayPayマネーライトで支払いできないケースが見受けられます。

本項目ではPayPayマネーライトが使えるお店や支払いできない原因について解説していきます。

 

PayPayマネーライトで支払いできないケース

PayPayマネーライトで支払いできないケースの代表例としては以下が挙げられます。

amazonの支払い方法選択画面

上記画像はamazonの支払い方法選択画面ですが、

PayPayマネーとPayPayポイントのみ利用可能です

と記載されています。

PayPay決済を利用可能と謳っている店舗の中には、上記のようにPayPay残高の種類を限定しているケースが見受けられます。

なぜこのような仕様にしているのかはぶっちゃけ謎ですが、このようにPayPay残高を限定しているケースは頻繁に見受けられる現象ではなく、ほんの一部であると考えられます。

実際、私自身もAmazonくらいしか見たことが無いというのが正直なところです。

逆に言えば、このような文言が無い店舗においては普通にPayPayマネーライトでPayPay決済ができるということになります。

 

PayPayマネーライトで支払いできない場合の対応

前述したAmazonのケースのように、PayPayマネーライトで支払いできない店舗において、PayPay決済をしたい場合はPayPayマネーライト以外のPayPay残高で支払う必要があります。

PayPayマネーライト以外のPayPay残高とは、

「PayPayマネー」

又は、

「PayPayポイント」

のことを指します。

PayPayマネーは現金チャージやPayPayフリマの売上金でチャージできるPayPay残高となります。

PayPayポイントはPayPay決済や各種キャンペーンで貯まる「1ポイント=1円相当」のポイントとなります。

 

PayPayカードを活用しよう

PayPay残高のうち「PayPayマネーライト」となるチャージ方法は、PayPayカード(あと払い)によるチャージやソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いによるチャージ方法となります。

これらのチャージ方法の強みは手元資金を必要としない「あと払い」的チャージ方法ということです。

しかしながらAmazonのようにPayPay残高の種類を限定している店舗ではPayPayマネーライトによる「あと払い」のメリットを享受することはできません。

「あと払い」のメリットを享受しつつPayPayポイントを貯めたいユーザーは「PayPayカード」の活用を検討しましょう。

PayPayカードは保有コストゼロ(年会費永年無料)で通常のPayPay決済より還元率が高いという強みがあるうえ、「あと払い」のメリットも享受できます。

PayPayカードの口コミや評判、メリット・デメリットについては以下記事にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

PayPayマネーライトで支払いできない?使えないお店はどこ?まとめ

\ずっと無料!最短5分で即日発行/
PayPayカード

 

POINT

・基本的にはPayPayマネーライト支払いはできる

 

・マネーライトの支払いができない店舗はほんの一部

 

・「あと払い」の強みを享受するならPayPayカードを検討

今回は人気スマホ決済サービスPayPay(ペイペイ)より、「PayPayマネーライト」の支払いについてピックアップして解説しました。

基本的な考え方として、「PayPayマネーライト」はPayPay決済に必要なPayPay残高の一種となるため、私の経験則上、PayPay加盟店であれば普段のお買い物に使えると考えて差し支えないです。

しかしながら、今回ご紹介したAmazonのように、支払い方法等に注意書きがしてある場合にはこの限りではないことに注意が必要です(例外中の例外ですけどね)。

PayPayマネーライトに関する記事は以下にまとめていますので、あわせて参考にしてみて下さい。

\ずっと無料!最短5分で即日発行/