しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

PayPayチャージで一番お得な方法は?おすすめ3選を厳選してご紹介

PayPay(ペイペイ)チャージで一番お得な方法が気になる!しんたろす(@mono_shimtaros)です( ゚Д゚)

今回はスマホ決済アプリPayPayのチャージ方法についてピックアップしてご紹介!

PayPayを少しでもお得に活用するためのPayPayチャージ方法とはなにか?ポイントの二重取りは可能?深掘りしていきたいと思います。

 

本記事の狙い

✔PayPayチャージの一番お得な方法とは?

 

✔おすすめのチャージ方法を知りたい

 

✔チャージでポイント二重取りはできる?

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

\年会費無料!最短5分WEBで申込完了/
PayPayカード

PayPay(ペイペイ)のチャージ方法は5種類!

結論、PayPayのチャージ方法は全部で5種類あります。

 

PayPay5つのチャージ方法

✔銀行口座チャージ

✔セブン銀行・ローソン銀行ATMチャージ

✔ヤフオク・PayPayフリマ売上チャージ

✔あと払い(PayPayカード)チャージ

✔ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

以下、表にまとめていきます。

チャージ方法 PayPay残高の種類 上限額
銀行口座 PayPayマネー
※本人未確認の場合
PayPayマネーライト
50万(過去24時間)
200万(過去30日間)
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
PayPayマネー
※本人未確認の場合
PayPayマネーライト
50万(過去24時間)
200万(過去30日間)
ヤフオク・PayPay
フリマの売り上げ
PayPayマネー
※本人未確認の場合
PayPayマネーライト
50万(過去24時間)
200万(過去30日間)
あと払い
(PayPayカード)
PayPayマネーライト 50万(過去24時間)※
200万(過去30日間)※
※本人未確認の場合、
過去24時間2万円、
過去30日間5万円以上のチャージの制限
ソフトバンク
ワイモバイル
まとめて支払い
PayPayマネーライト 10万円(毎月1日~末日)

銀行口座やセブン・ローソン銀行ATM、PayPayフリマ等の売上からチャージする、いわゆる現金ベースのチャージ方法は基本的に「PayPayマネー」という取り扱いになりますが、PayPayアプリ内で本人確認が済んでいない場合は「PayPayマネーライト」という出金のできないPayPay残高になるので、この点については注意が必要です。

\年会費無料!最短5分WEBで申込完了/

PayPayチャージで一番お得な方法は?おすすめ3選はコレ!

冒頭でご紹介したPayPayチャージ方法の中でおすすめすべきチャージ方法はどれなのか?

目的別に一番お得なチャージ方法を3つ厳選してご紹介していきます。

 

「あと払いは」チャージ不要で利用するのがマスト

「PayPayあと払い」によるチャージ方法はネーミングが分かりづらいのがアレですが、つまり「PayPayカード」を利用したチャージ方法です。

PayPayあと払いは、

・PayPay残高に「あと払い」でチャージしてPayPay残高でお買い物する方法

・チャージせずに「あと払い」で直接支払いお買い物する方法

の2つがありますが、チャージせずにPayPayあと払いで直接支払う方法が圧倒的に利便性が高いです。

ワンタップで「あと払い」切り替え可能

 

あと払いがおすすめな人

✔チャージ不要でPayPay支払いしたい

 

✔利用月の翌月27日にまとめて支払いたい

 

✔キャンペーンによる還元特典を活かしたい

PayPayあと支払いを直接利用することで、チャージ不要でPayPay支払いができる他、「PayPayカード」と紐づけした支払い方法のため、その月に利用した支払いを翌月27日にまとめて支払うことができます。

「あと払い」機能はPayPayアプリ内「機能一覧」から設定することができます。

機能一覧⇒あと払い

あと払い利用によるキャンペーンを実施している場合があるので、時期によっては還元率がアップすることも期待できるので、これについても積極的に狙いたいところです。

 

「PayPay資産運用」なら銀行チャージやATMチャージがおすすめ

2022年8月から「PayPay資産運用」というPayPayアプリ内で取引できる資産運用サービスが開始されました。

米国株ベースの6つのコースから選択する本サービスは「PayPayマネー」を元手にして取引を行うこととなります。

「PayPayマネー」は銀行口座やセブン銀行・ローソン銀行ATM、PayPayフリマの売り上げ等からチャージして得ることのできる、いわゆる現金ベースのPayPay残高です。

セブン銀行チャージ方法↓

ローソン銀行チャージ方法↓

コンビニに立ち寄ったついでにPayPayチャージ、なんてシーンが想像できますね。

 

銀行・ATMチャージがおすすめな人

✔PayPay資産運用をしたい人

 

✔出金(現金化)できるPayPay残高にしたい人

 

✔コンビニで都度チャージしたい人

ちなみに「PayPay資産運用」の最低投資金額は100円から1円単位で投資可能、24時間取引可能なので、「PayPayポイント運用」に慣れた方で、より本格的かつ気軽に投資したいという方は検討してみる価値ありです。

また、「PayPayマネー」は出金が可能な唯一のPayPay残高となるので、この点についても覚えておくようにしましょう。

 

PayPayポイント二重取りなら「まとめて支払い」一択

まとめて支払い」は、ソフトバンクやワイモバイル・LINEMOユーザーの方が利用できるチャージ方法です。

 

まとめて支払いがおすすめな人

✔ソフバン・ワイモバ・LINEMOユーザーの人

 

✔PayPayポイント還元率を上げたい人

 

✔携帯料金とまとめて支払いたい人

「まとめて支払い」によりチャージした金額は毎月の携帯料金に上乗せされる形で請求されるという仕様上、「PayPayカード」を携帯料金の支払いとして設定することで、PayPayポイントの二重取りが可能となります。

①「まとめて支払い」チャージ⇒携帯料金引落時に1.0%還元

②チャージしたPayPay残高でお買い物⇒PayPay利用により0.5%~還元

まとめて支払いでチャージ⇒PayPayでお買い物することにより、最低でも還元率1.5%は確保できる計算になります。

携帯のキャリアが限定されてしまう手法ですが、ポイントの二重取りが可能な唯一のチャージ方法なので、ソフバン・ワイモバ・LINEMOユーザーの方は積極的に活用したいチャージ方法と言えるでしょう。

PayPayチャージで注意点すべき3つの視点

PayPayにチャージをするうえで注意すべき点をまとめていきます。

 

本人確認の有無でチャージ金額制限あり

PayPayチャージはPayPayアプリの本人確認の有無によりチャージ額の制限を設けています。

チャージ方法 PayPay残高の種類 上限額
銀行口座 PayPayマネー
※本人未確認の場合
PayPayマネーライト
50万(過去24時間)
200万(過去30日間)
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
PayPayマネー
※本人未確認の場合
PayPayマネーライト
50万(過去24時間)
200万(過去30日間)
ヤフオク・PayPay
フリマの売り上げ
PayPayマネー
※本人未確認の場合
PayPayマネーライト
50万(過去24時間)
200万(過去30日間)
あと払い
(PayPayカード)
PayPayマネーライト 50万(過去24時間)※
200万(過去30日間)※
※本人未確認の場合、
過去24時間2万円、
過去30日間5万円以上のチャージの制限
ソフトバンク
ワイモバイル
まとめて支払い
PayPayマネーライト 10万円(毎月1日~末日)

PayPayアプリの機能をフル活用できるだけでなく、セキュリティ向上にも繋がるので、本人確認は必ずするようにしましょう。

 

ポイント二重取り可能なのは「まとめて支払い」のみ

前項目でも解説したとおり、PayPayチャージによるPayPayポイント二重取りができるのは「まとめて支払い」のみとなります。

PayPayチャージによる還元率の向上を狙いたい方は「PayPayカード」を携帯料金の支払いに設定し、「まとめて支払い」によるチャージを実施、還元率1.5%以上を狙うようにしましょう。

 

出金が可能なのは「PayPayマネー」のみ

PayPayチャージの方法によりPayPay残高の種類が異なります。

  付与方法 上限額 有効期間 出金 送る・割り勘
PayPayマネー 現金チャージ
PayPayフリマ売上金チャージ等
100万 無期限
PayPayマネーライト PayPayカードチャージ
PayPayあと払い
ソフトバンクまとめて支払い
ワイモバイルまとめて支払い等
100万 無期限 ×
PayPayポイント
(旧PayPayボーナス)
各種特典・キャンペーン
PayPayモール、Yahooショッピング、LOHACO等
なし 無期限 × ×
PayPayボーナスライト 2021年2月1日に廃止
各種特典・キャンペーン
なし 60日間 × ×

「チャージしたけど、やっぱ出金’(現金化)したい!」

「PayPay資産運用で資産を増やしたい!」

となった場合は「PayPayマネー」一択となるので、自身の利用用途に応じて最適なチャージ方法を選択するようにしましょう。

PayPayチャージで一番お得な方法は?おすすめ3選を厳選してご紹介まとめ

\年会費無料!最短5分WEBで申込完了/
PayPayカード

 

POINT

・PayPayチャージ方法は5種類ある

 

・ポイント二重取りなら「まとめて支払い」一択

 

・出金できるのは「PayPayマネー」のみ

今回はお得なPayPayチャージ方法3選!ということで、おすすめのPayPayチャージ方法を3つご紹介しました。

PayPayチャージの方法によってPayPay残高の種類も異なりますので、利用シーンを考えつつ自身に合ったチャージ方法を選択していきましょう。

\年会費無料!最短5分WEBで申込完了/