しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

【99円投資】PayPayポイント運用99円ずつ追加する方法を解説

f:id:shimtarosmonoblog:20220406012833j:plain

PayPayポイントで5万ポイント運用中!しんたろす(@mono_shimtaros)です(゚∀゚)

今回はTwitterでも「にわか話題」になっているPayPayポイント運用の99円投資

私シンタロスもちょっとやってみたのでご紹介していきたいと思います。

 

本記事の狙い

✔PayPayポイント運用の99円投資ってなに?

 

✔99円追加で手数料が無料になるの?

 

✔99円投資の注意点について知りたい

と気になっている方はぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

\最短1分!無料登録/

PayPayポイント運用の99円投資とは?

PayPay証券が提供する疑似資産運用サービス「PayPayポイント運用」が2022年3月24日から一部有料化されました。

関連記事 ≫【有料化】PayPayポイント運用手数料導入で改悪?やめるべきかを解説!!

この「一部」有料化というのがミソで、PayPayポイントを100円以上追加する場合に手数料が1%取られるというもの。

これの意味することは100円未満、つまり99円以下で追加していけば手数料が掛からないということです。

本当に手数料掛からないの??

というわけで、99円追加した時と100円以上追加した時の違いについて、実際に追加して検証していきたいと思います。

関連記事 ≫PayPayポイント運用の評判や口コミは?メリット・デメリットを徹底解説!!

\最短1分!無料登録/

【検証】PayPayポイント運用99円追加と100円以上追加の違い

ではでは、さっそくやっていきたいと思います。

まずは99円分追加投資してみましょう。

 

99円追加投資してみた

実際に99円分追加してみた時の様子がコチラ↓

f:id:shimtarosmonoblog:20220405231735j:plain

出典:PayPayアプリ

19,176円+99円=19,275円ということで、無事手数料は取られず、追加分まるまる投資できました。

お次、5,000円分を追加で入れてみよう。

 

5,000円追加投資してみた

PayPayポイント運用5,000円分追加の様子がコチラ↓

f:id:shimtarosmonoblog:20220405231739j:plain

出典:PayPayアプリ

14,218円+5000円=19,218円のはずが「追加後のテクノロジーコース運用額」にシレッと19,168円と記載されています。

19,218円ー19,168円=50円分が引かれた形で追加後の額として計上されています。

これが手数料(スプレッド)です。

追加した5,000円分の1%相当にあたる50円分が手数料として引かれた形になりました。

真ん中に薄い小さい文字でしれっと書かれているので、気づかないで追加してしまった方は、「アレ??計算と合わんのだけど!!」とかなるやつです。

真ん中の薄い字「追加後の〇〇コース運用額」は必ずチェックするようにしましょう。

 

少額追加なら99円投資もアリ

手数料がどうしても気になるという方は、99円ずつ分散投資するのもアリです。

しかし、例えば5,000円を追加とかになってくると、50回以上「99,99,99,99、…」と操作しなくてはならなくなるので、正直メンドクサイのと、アプリ自体に追加制限がかかる?という報告もあるので、節度を持った対応が求められそうです。

\最短1分!無料登録/

【追加方法】PayPayポイント運用に99円を手動追加するやり方

99円投資は手動による追加で実現できる手法となります。

以下、追加方法について分かりやすく解説します。

 

PayPayアプリからポイント運用を起動

まず、PayPayアプリを起動して、ポイント運用の画面に移行します。

f:id:shimtarosmonoblog:20220406092348j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20220406092344j:plain
出典:PayPayポイント運用

上記(右)の画面にて、追加したい任意のコースを選択をタップします。

今回はテクノロジーコースに追加していきたいと思います。

 

「支払いに使う」に変更しよう

ポイントの利用設定が「貯める」になっている場合、設定の変更が求められますので、「支払いに使う」に変更します。

f:id:shimtarosmonoblog:20220406092339j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20220406092334j:plain
出典:PayPayポイント運用

PayPayポイントへの手動追加は「支払いに使う」へ利用設定の変更を行う必要がある、ということを覚えておきましょう。

 

手動で「99」を入力しよう

利用設定を「支払いに使う」へ変更すると、「追加する」ボタンがタップできるようになるので、追加額に「99」を入力し、「追加する」をタップします。

f:id:shimtarosmonoblog:20220406092325j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20220406092320j:plain
出典:PayPayポイント運用

追加内容の確認を求められるので、再度「追加する」をタップします。

f:id:shimtarosmonoblog:20220406094048j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20220406092312j:plain
完了画面と残高履歴

追加完了画面が出てくれば、無事99円追加完了です。

上記画面(右)では、残高履歴に反映されていることが分かります。

 

「貯める」又は「ポイント運用に自動追加」に変更しよう

手動追加が終了したら、PayPayポイントの利用設定を「貯める」もしくは「ポイント運用に自動追加」に変更することを忘れないようにしましょう。

手動追加した時点では「支払いに使う」のままになっているので、このまま放置していると、PayPay支払いでお買い物した時に、優先的にPayPayポイントが消費されてしまうからです。

f:id:shimtarosmonoblog:20220406092307j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20220406092303j:plain
出典:PayPayアプリ

利用設定変更の際には、上記画面(右)のように、「保存」ボタンを忘れずにタップしてください。

ユーザー次第ではありますが、PayPayポイントをポイント運用に全て回して投資したいと考えている方は、必須の操作になってくるので、忘れないようにしましょう。

PayPayポイント運用99円投資のTwitter民の反応

結構Twitter民の間でも99円投資がにわか盛り上がっていたので、その状況について共有していきたいと思います。

中には制限が掛かった方もいるので、注意しましょう…( ゚Д゚)

もともとドルコスト平均法で投資していた方は、良いかもですが、一括投資派の方には辛い所業ですなぁ…

\最短1分!無料登録/

【裏技】1%の手数料を安くする方法

これは裏ワザというか、正当な手法なのですが…

実はPayPayポイント運用の各コース(チャレンジコース、テクノロジーコース、スタンダードコース)に採用されている米国株ETF銘柄「SPXL」「QQQ」「SPY」は、すべてSBI証券楽天証券で手数料0.495%(QQQは手数料0%、無料となりました)で購入することができます。

日本円で1株から投資できるので、初心者にも優しい環境が揃っています。

また、各種人気のポイントで投資できる点も見逃せないです。

 

こんな方におすすめ

・安い手数料で投資したい方

・アメリカ株に投資したい方

・楽天ポイントで投資したい方

楽天証券

・Tポイント、dポイント・Pontaでポイントで投資したい方

SBI証券

最近では米国株ETFの手数料無料化の流れも加速化しているので、これを機会にSBI証券楽天証券を口座開設(無料)して、お得に米国株投資をしてみるのもイイですね(゚∀゚)

関連記事 ≫【運用実績】楽天証券「楽天ポイント投資」を攻略!ポイントのみで稼げるか検証!

関連記事 ≫【評判】投資信託一択!SBI証券でTポイント投資やってみた

PayPayポイント運用に慣れたら始めたい資産運用サービスはコレ!

PayPayポイント運用に慣れて、いよいよ本格的に投資を始めたいと考えている方も多いはず。でも、ぶっちゃけ何から始めればよいか分からないというのが正直なところ( ゚Д゚)

本項目では、投資が初めての方でも気軽にプロの運用ができる『ほったらかしOK』の人気資産運用サポートサービスをご紹介します。

 

SBI証券『SBIラップ』

人気ネット証券のSBI証券が提供する投資一任型サービスが『SBIラップ』です。

SBIラップはFOLIO ROBO PROを展開する株式会社FOLIOが提供する一任運用基盤システム「4RAP」を採用しています。

40種以上のマーケットデータを常時モニタリング、AI分析を活用した相場予測に基づき毎月1回投資配分を変更することで、暴落から急騰まであらゆる局面に対応し、グローバルインデックスを超えるパフォーマンスを目指します。

関連記事 ≫SBIラップの評判・口コミは?メリット・デメリットを徹底解説します

\最短5分!カンタン手続き/

 

【ロボアド運用者数NO.1】Wealthnavi(ウェルスナビ)

出典:Wealthnavi(ウェルスナビ)公式

WealthNavi(ウェルスナビ)は、一度お金を入金すれば、ユーザーのリスク許容度に基づき銘柄の買付から資産配分、銘柄の再構成まで、すべて自動で運用してくれる資産運用サポートサービス(ロボアドバイザー)です。

リスク許容度は6つの質問からなる無料診断を通じて決定します(手動でいつでも変更可能)。

無料診断は1分程度で終わるので、お試しでやってみるのも面白いですよ(゚∀゚)

関連記事 ≫ウェルスナビとは?メリット・デメリットや評判・口コミを徹底解説!!

\1分でわかる無料診断!/

 

【AI分析に特化】FOLIO ROBO PRO(フォリオ ロボプロ)

FOLIO ROBO PROは、AI分析を用いてマーケットの先読みを行い、投資配分を決定、高パフォーマンスを目指していく資産運用サポートサービスです。

AI分析を用いるFOLIO ROBO PROでは、1ヶ月に1回のペースで資産配分の変更(リバランス)を行うほか、相場の急変が予測される際には臨時的にリバランスを実施することもあります。

他のロボアドバイザーと比較しても、AI分析に基づく機動的な資産配分が行われることから、暴落相場や急騰相場などの人間業では判断が難しい局面で強みを発揮するロボアドバイザーと言えるでしょう。

関連記事 ≫FOLIO ROBO PRO(ロボプロ)のメリット。デメリットや評判・口コミを徹底解説!!

\無料ではじめるカンタン3ステップ!/

 

【手数料0円?】SUSTEN(サステン)

出典:SUSTEN(サステン)公式

SUSTEN(サステン)自動でおまかせ運用ができる資産運用サポートサービスです。

サステン最大の特徴は、完全成果報酬型の手数料体系にあります。

サステンのおまかせ運用は運用益が最高値を更新しない限り手数料が0円という、ユニークな制度を採用しています。

サステンが運用成績を出さない限り手数料が発生しない為、ユーザー側は効率的な資産運用を期待することができます。

ウェルスナビ同様、無料診断に答えるだけで運用方針を決定できるので、気軽なのに本格的な資産運用が可能となります。

無料診断は6つの質問で終わる簡単なものなので、お試しでやってみるのもアリです(=゚ω゚)ノ

関連記事 ≫【ロボアド投資】SUSTEN(サステン)とは?デメリットや評判を徹底解説します

\1分でわかる無料診断/

【99円投資】PayPayポイント運用99円ずつ追加してみたまとめ

 

POINT

・99円以下の追加で手数料無料

 

・「追加後の○○コース運用額」を要チェック

 

・99円ずつ追加は制限がかかる場合あり

 

SBI証券楽天証券安い手数料で購入可能

今回はPayPayポイント運用でにわか話題?の99円追加投資についてご紹介しました。

手数料を少しでも節約したい方は、99円ずつ投資(ドルコスト平均法)していくことで1%の手数料自体を節約することはできます。

ただし、株式相場は常に上げ下げを繰り返す生き物なので、アナタが99円ずつ追加した時が必ずしも最適なタイミングであるとは限りません。

時には手数料を超える損失を被ることも全然あります。

そのうえで99円ずつ投資していくのか否かについて、考えていきましょう。

関連記事 ≫【儲かるコツ】PayPayポイント運用で増やす5つの攻略法を解説!

\最短1分!無料登録/