しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

無印良品のカレーはまずい?セブンプレミアムカレーと食べ比べしてみた

無印良品のカレーはまずい?しんたろす(@mono_shimtaros)です( ゚Д゚)

今回は無印良品の人気レトルト食品「バターチキンカレー」をピックアップしてご紹介!

無印良品のカレーはまずい?セブンプレミアムのカレーとどっちが美味しい?ということについて、実食を通じて比較・検証してみました。

 

本記事の狙い

✔無印良品のカレーはまずい?

 

✔無印良品のカレーは美味しい?

 

✔セブンプレミアムのカレーとどっちが美味しい?

と気になっている方は、ぜひ本記事を参考にしてみて下さい。

まずい?美味しい?無印良品「カレー」を買ってみた

以前、私がにわか利用しているおすすめの通販サイト「LOHACO(ロハコ)」にて、無印良品のバターチキンカレーをまとめ買い、実際食べてみたところ、思いのほか美味しかったのですが、ちょいと気になることが…

それは他社のレトルトカレーと比較してどっちが美味しいのか?ということです。

無印良品のカレーは正直まずいわけではないのですが、何が気になるってその値段の高さです。

例えば無印良品のバターチキンカレーは1食あたり350円します。

これは控えめに言っても高い部類に入ります。

もちろん割引キャンペーンやまとめ買いを狙うことで、ある程度値段を低減させることは可能ですが、他社の割安なレトルトカレーの方が美味しいのであれば、そちらの乗り換えるのも全然アリかなとか思ってしまう今日この頃。

というわけで、本記事では「バターチキンカレー」をお題として、無印良品と他社のレトルトカレーのどっちが美味しいのかについて、実食を通じて比較・検証していきたいと思います。

無印良品のカレーを激安で購入する方法は以下記事にて詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。

無印良品のカレーはまずい?セブンプレミアムカレーと比較!!

今回比較するのがコチラ↓

セブンプレミアム(左)無印良品(右)

無印良品のバターチキンカレーとセブンプレミアムのバターチキンカレーです。

セブンプレミアムはセブン&アイホールディングスのプライベートブランドで、全国のイトーヨーカドーやセブンイレブンで気軽に購入することができます。

個人的にセブンプレミアムは美味しくてコスパの良い食品が多い印象があるので、無印良品との比較に丁度良いかなと。

両者ともに味は「バターチキンカレー」で、かつ容量も180gで同じなので、その意味でも比較するには最適な対象と言えるでしょう。

 

無印良品カレーとセブンプレミアムカレーはどっちが安い?

ちなみにセブンプレミアムの1食あたりの値段は198円(税込213.84円)であり、無印良品のバターチキンカレー(税込350円)と比較して明らかに安いことが分かります。

つまり、仮にセブンプレミアムのカレーの方が美味しい、又は同等であった場合、コスパ的に無印良品からの乗り換えは必須であることを意味します。

果たしてどちらが美味しいのか?

 

どっちが早く出来上がる?

レトルト系はボイル派(煮る)なしんたろすですが、セブンプレミアムと無印良品はどちらが早く出来上がるのか?

裏面を見てみましょう。

まずは無印良品、ボイルの場合は5~7分、電子レンジの場合は2分程度(500w)とされています。

無印良品バターチキンカレー

お次がセブンプレミアムの場合、ボイルが3~5分、電子レンジが約60秒(500w)となっています。

セブンプレミアム

セブンプレミアムの方がおよそ1/2のスピードで調理できることが分かりました。

調理時間が短いのはありがたいところですが、ここで懸念されるのは具材がどのくらい入っているのかということです。

調理時間が短いということは具材が少ないのでは?という疑念が湧いてきます。

 

カレーの具材を比較してみた

実食する前にカレーの具材について比較していきたいと思います。

レトルト系あるあるかもですが、「安い=具材が少ない」イメージがあるんですよねぇ…果たしてセブンプレミアムカレーの具材はどうなのか?

まずは無印良品のバターチキンカレーから。

無印良品のバターチキンカレー

上記のとおり、無印良品のバターチキンカレーは大きめの鶏肉がゴロゴロ入っています。

お次はセブンプレミアムのカレーです。

セブンプレミアムのカレー

セブンプレミアムのカレーは無印と比較すると小さめの鶏肉がコロコロ入っている感じです。

 

いざ実食、どちらが美味しいのか?

それでは、実食していきます。

無印(左)、セブンプレミアム(右)

結論、スパイシーなカレーが好きな方は無印良品の方がおすすめです。

無印良品

無印良品のバターチキンカレーは、セブンプレミアムと比較してスパイシーかつ味が濃い印象を受けました。

この味は濃いというのは「しょっぱい」というわけではなく、トマトの酸味が強いという意味です。

逆にまろやかな味が好みの方はセブンプレミアムのバターチキンカレーがおすすめです。

無印良品と比較するとトマトの酸味はあまり感じられず、若干ではありますが水っぽいルーとなっています。

セブンプレミアム

同じバターチキンカレーでもなぜこんなにも味が違うのかと不思議に思い、裏面の原材料を見たところ、セブンプレミアムのバターチキンカレーにはリンゴペーストが配合されていました。

なるほど、どうりでまろやかなわけだ。

また、鶏肉については明らかに無印良品の方が大きくゴロゴロしていたのですが、セブンプレミアムのものと比較してややパサつきがある点が気になりました。

酸味やスパイシーさを求めるのであれば無印良品のバターチキンカレー、まろやかな味を求めるのであればセブンプレミアムのカレーという感じで、味の好みによってどちらが好きかは変わってくる、なんとも言えない検証結果となりました…。

無印良品のカレーはまずい?口コミを調査してみた

無印良品のカレーはまずいのか?Twitter民の声を調査してみました。

 

 

 

 

食品系の口コミを調査してみて改めて思うのは、ホント人によって味覚って違うんだなぁということです。

特に顕著に見られるのが無印良品の「グリーンカレー」です。

グリーンカレーは無印良品の人気レトルトカレーランキングでも上位に入る人気ですが、実際に口コミを調べてみると意見は二分しています。

「美味しい」という方もいれば「クソまずい」という方もいる。

その意味で「人気ランキングに入る=絶対美味しい」というわけではないことが分かります。

味覚は人それぞれ。口コミは参考程度に少しでも興味のあるカレーを見つけたら、ひとまず自分で食べてみるということが重要なのかもしれません。

無印良品のカレーはまずい?セブンプレミアムカレーと食べ比べしてみたまとめ

 

POINT

・無印良品のカレーはまずくないが値段が高い

 

・スパイシーや酸味を求めるのであれば無印

 

・まろやかさを求めるのであればセブンプレミアム

今回は無印良品のカレーはまずい?ということで、無印良品のバターチキンカレーとセブンプレミアムのバターチキンカレーを実際に食べ比べ、どっちが美味しいのかについて検証しました。

同じバターチキンカレーでも、こんなにも味が違うのかと驚きつつも、何を求めるかによって選択肢が変わるのだなと実感しました。

両者とも美味しいので甲乙つけがたいというのが正直なところですが、その時の気分に合わせて変えてみるのもいいかもしれません。