しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【実例あり】スー過去をぶっ潰す合格勉強法 | 公務員試験「新スーパー過去問ゼミ」のオススメな使い方

f:id:shimtarosmonoblog:20200302203615j:plain

 今回の記事では、これから公務員試験資格試験を独学で受けようと考えている方に向け、公務員試験問題集の定番「スー過去」を利用したオススメの勉強法について取り上げてみます。

 

本記事の狙い

✔公務員試験問題集「スー過去」の使い方に迷ってる

 

知識ゼロからの勉強方法を知りたい

 

効率的に勉強をしたい

 

何周すれば覚えられるの?

と悩んでいる方は、本記事を参考に効率的な勉強方法を構築してみて下さいね('ω')ノ

それでは、いってみよう!!

 

行政書士等でも使える独学勉強法

f:id:shimtarosmonoblog:20200405202350j:plain

今回の記事は、公務員試験問題集「スー過去」に特化した記事として書いていますが、これ以外にも、行政書士ファイナンシャルプランナー宅地建物取引士など、資格試験全般にも応用可能な勉強法となっています。

できるだけ皆さんに伝わるように実例を交えながらの記事として仕上げています。

本記事を参考に自身の目的に沿ったアレンジを加えて、効率的な勉強法を構築していただければ幸いです(=゚ω゚)ノ

 

【実例あり】私が独学で実際に使用したスー過去

f:id:shimtarosmonoblog:20200101015832j:plain

上の写真は、私が公務員試験に合格した際にガチで使用していたスー過去です。

ひじょーに汚いです!笑

きたねー参考書だで('ω')

この勉強法では最終的にスー過去がこのようになります(゚∀゚)

ただし、

知識ゼロでもメッチャ頭に入ります。

なぜ汚いのか?

その秘密をこれから説明していきます。

 

まずは正文化(正答の書き込み)

正文化というのは、問題の解説を先に見て、正しい文章を書き込む作業のことです。

f:id:shimtarosmonoblog:20200412163359j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20200412163411j:plain
参考書化⇒回転率を上げる

これは問題を見て悩んでる時間がムダなので、

 

①さっさと解説を見る

②間違っている箇所に見え消し線で消す

③余白に正しい語を記載

 

参考書化していきましょうという戦略ですね。

公務員試験の正誤問題は、間違い箇所がある程度パターン化されているので正文化は非常に有効な手段になります。

私の場合、正文化だけでなく、頭に入らない用語はデカ文字で書き殴り、頭に焼き付けました。

マジックを使う際は、裏移りしない水性ペンを必ず使用しましょう。

私はプロッキーを使っていました↓

 ※解説を見ても、どこが間違っているか分からない!

って場合はさっさと飛ばしちゃいましょう!

回していくうちに分かってきます。

 

正文化する過去問の順番

私の場合、

①必修問題

②アイコン付の問題

③基本レベル

④応用レベル

の順番で正文化していきました。

要するに頻出度順にこなしていった感じですね。

とにかく問題集を回転させることが重要なので、はじめから全問を正文化しようとしないでください。

まずは全体像を把握、だんだんと細かい領域に入っていくイメージです。

 

解答解説の文章も要チェック

f:id:shimtarosmonoblog:20200101015816j:plain

解答解説そのものにも重要なキーワードがたくさん詰まっていますので、必ずチェックするようにしましょう。

 

過去問の回転率を高めるコツ

類似の選択肢を削除する

スー過去を何周かしていると、類似の選択肢が複数あることに気づきます。

類似の選択肢を複数発見した場合は、ひとつだけ残して他の選択肢は全て消してしまいましょう。

f:id:shimtarosmonoblog:20200412164027j:plain

このように文全体を「×」とすることで、その部分については次回からは見る必要が無いと判断します。

この「潰す」作業を行うことで、問題集をより効率的かつ高速に回転させることが可能となります。

 

重要なキーワードはペンで囲む

選択肢の正誤を判断するうえで重要なキーワードを水性ペンで囲みます。

f:id:shimtarosmonoblog:20200418142522j:plain

このように囲むことで、どの語句に着目して選択肢を読めばいいかが一目瞭然で分かります。

最終領域に達すると、赤字のキーワードを拾っていくだけで復習することが可能となります(1時間で1冊終わるレベル)。

 

何周まわすかにこだわらない

スー過去何周したんですか?

という質問に関してはこう答えます。

何周したか分からないくらいまわしました

よく

2~3週でひと通り頭に入ってきます

という方がいますが、それは一部の天才か嘘をついているか、もともと知識を持っている人のどれかです←

2~3週で覚えられるような試験なら全員合格してますよ(*_*)

何周すれば必ず覚える、というものはありません。

覚えるまで回転しまくりましょう。

繰り返せば繰り返すほど1冊あたりにかかる時間が短くなります。

 

苦手科目は1冊に集約せよ!

f:id:shimtarosmonoblog:20200111175016j:plain

バインダーノートによるマイ参考書

繰り返しまくったのに、なかなか覚えられない問題が出てくると思います。

そういった場合には、バインダーノートを用意してください。

そして、覚えられなかったこと(すべての科目)をルーズリーフに書き溜め、どんどんバインダーノートに集約していきましょう。

 そうすると自分の覚えられなかったものが一同に集まったマイ参考書が完成します。

このマイ参考書は、毎日全てのページに目を通してください。嫌でも頭に入ります。

さて、ここで重要なポイントがあります。

それは科目ごとに整理しないことです。

下手に科目ごとに整理してしまうと、「今日は憲法だけにしよ…」みたいに苦手分野をやらない可能性があるからです。

分からなかったものをどんどん書き溜めて、科目がごちゃ混ぜでも一瞬で分かるまで目を通し続けます。

 

アウトプットはどうするの?

これは正文化した文章を先読みするように読んでいました。

例えば、

D.マクレガー」が目に入った瞬間

 ⇒「あ~X理論、Y理論の人でしょ

みたいな感じで、次に来る文章や用語を思い出しながら読んでいくイメージです。

もし、X理論Y理論という言葉が思い出せなかったら、一度スー過去から目を離し、

「D.マクレガーX理論Y理論D.マクレガーX理論Y理論D.マクレガーX理論Y理論」

唱えるように呟いてください。

その時は一瞬でも覚えられればOKです。どんどん次に読み進めていきましょう。

あとは模試ですね。

模試はアウトプットの観点からも受けるようにしていきましょう。

模試で出たけど、スー過去に載ってない!

ってケースも出てくるかと思うので、そういったものはスー過去の余白に手書きで記載するか、模試の紙を切り取って、スー過去に張り付けるのもいいと思います。

ただし、模試というのは無限に受けられるわけではないので、ポジションとしてはサブです。

メインは正文化したスー過去の先読みアウトプットですね。

 

 

憲法や民法、社会科学に効果抜群

この勉強法は憲法、民法、行政法、財政学、経営学、社会科学など、いわゆる暗記分野に強い勉強法となります。 

 

ミクロ経済学や数的処理は?

f:id:shimtarosmonoblog:20200412162521j:plain

ミクロ経済学やマクロ経済学、数的処理など、いわゆる「計算系」の問題は手を動かすことが重要なので、見るだけでは難しいですが、根本は同じです。

分からなければ、すぐ解答解説を見ること。

具体的には1問あたりの解答時間を決め(私の場合、初見の問題なら5分)、分からなければ即解答解説を見る。

そして解答解説を見ずに正解を導き出せる(再現できる)まで繰り返しノートに書きまくります。

悩んでいる時間はありません。

ひたすら手を動かして回しましょう。 

いきなりスー過去は難しい?

これは正直、科目によります。

例えば憲法は、いきなりスー過去でOKです。

反対に民法の場合、ABCの3人くらいの登場人物が出てきていろんな権利が交錯して文字面のみだと理解が難しいので、導入本を入れることをおすすめします。

導入用の参考書を入れる場合は必ず図解されているものを選びましょう。

余談ですが、TAC講師の新谷一郎先生はメチャクチャ分かりやすい講師で有名です。

憲法や民法も教えているはずですが…今は?行政法の本しか出してないっぽいです。

 

クイックマスターでも大丈夫?

公務員試験問題集のもう一つの定番として「クイックマスター」があります。

上の記事でも書きましたが、私は最終的にスー過去を選びました。

もちろんクイックマスターでもこの勉強法はできます。

要するに相性の問題で、継続して繰り返せる問題集を選びましょうということです。

※どうやらクイックマスターは「過去問解きまくり」という名称に変わったみたいです。

 

独学の勉強時間と勉強期間

勉強時間の目安ですが、

【社会人や学生】

・平日3~4時間程度

・土日(休日)13時間以上

【浪人】

・毎日10時間以上

くらいは欲しいところです。

以上の勉強時間を前提とした場合で、勉強期間別の合格の可能性を簡単に示してみます。

【期間:3ヶ月】 

 ⇒教養のみなら可能性あり 

 ⇒教養・専門は正直ムリ、運ゲ

 

【期間:6ヶ月】

 ⇒教養のみなら合格圏

 ⇒教養・専門なら可能性あり

 

【期間:1年】

 ⇒教養・専門合格圏まで到達可能 

というようなイメージをしていただければよいかと思います。

例えば、教養試験の中でもSCOA方式を採用している自治体であれば、3ヶ月で合格圏内に到達することは可能です。

SCOA方式は民間企業で採用されているイメージが強いですが、ここ最近では地方自治体でも多く採用されつつある要注目の試験方式です。

反対に教養+専門試験が課される自治体については、3ヶ月という勉強期間では物理的に無理ということを理解しておいてください。

運に頼らずに合格を狙うのであれば、1年は見ておいた方が良いということです。

 

おすすめの勉強法関連の本

私が試験勉強をするうえで影響を受けた勉強法に関する本を2冊紹介します。

超高速勉強法(著:椋木修三)

いかにラクに素早く成果を出すかに重点置いた勉強本です。

非常に分かりやすく書かれており、勉強を始める際の導入本としておすすめです。

合格る技術(著:宇都出雅巳)

速読高速大量回転法で有名な方です。

この本以外にもさまざまな勉強法の本を執筆されている方なので参考にしてみるのもいいかもしれません。 

 

スー過去はどの科目に使ったの?

公務員試験の王道問題集である「新スーパー過去問ゼミ」ですが、全ての科目に使用したわけではありません。

 

教養試験科目について

 

教養試験で実際に使った問題集・参考書についてはこちらの記事で詳しく紹介、解説しています。

 

専門試験科目について

専門試験で実際に使った問題集・参考書についてはこちらの記事で詳しく紹介、解説しています。

教養科目、専門科目ともに、私がガチで使用した問題集や参考書の他、ここ最近出たオススメの参考書も併せて紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね('ω') 

 

スー過去を潰す独学勉強法、使い方まとめ

 

POINT

・問題を見て悩む時間がムダ

 

・まずは正文化する

 

・覚えるまで繰り返す

 

・苦手分野は1冊に集約

 

図解されている導入本を選ぶ

 

・1年で合格圏内にいける

公務員試験は試験科目が多数に渡るため、1問ずつ悩みながら解いている時間はありません。いかにして効率的に勉強していくかがカギになります。

すぐに解説を見て、正文化!クセをつけましょう。

勉強法に悩んでいる方、つまづいている方は、今回の記事を何回も読み返してみて下さい。

そして自分なりのアレンジを加えて勉強法を構築してみることをおすすめします。

 公務員試験の合格を勝ち取りましょう!!

 以上、しんたろすでした。