しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【ツミレバ投資】投資信託「大和iFreeレバレッジNASDAQ100」積立投資やってみた

f:id:shimtarosmonoblog:20210619215506j:plain

レバレッジ投資信託を運用中!しんたろす(@mono_shimtaros)です(゚∀゚)

今回は大和証券が展開している注目の投資信託シリーズ「iFreeレバレッジ」シリーズをピックアップ!謎のキーワード「ツミレバ」とは何なのか?投資信託iFreeレバレッジの魅力について見ていきたいと思います。

 

本記事の狙い

✔ツミレバ(iFreeレバレッジ)の運用実績を知りたい

 

✔個別株で大損したことがある

 

✔積立投資の銘柄に悩んでいる

と気になっている方は是非参考にしてみて下さいね(゚∀゚)

SBI証券

そもそも「ツミレバ」とはなにか?

 皆さん「ツミレバ」ってご存じですか?

「積立投資」を「レバレッジ」の投資信託で行っていく。

略して「ツミレバ

投資信託は100円から積立が可能で、例えばSBI証券で 口座開設 すれば毎日自動で積立することもできます。これに加えて、「レバレッジ」という、ある銘柄に対して2倍3倍の値動きに連動する投資信託を選択することで積極的に値上がり益を狙っていくスタイルです。

私はTwitterのプロモーション広告で知ったのですが、実は「ツミレバ」という言葉を知る前から知らず知らずにやっていたんですよね↓

私が以前から運用成績を公開している楽天ポイント投資の中で購入している銘柄の中に「大和iFreeレバレッジNASDAQ100」という投資信託がありますが、これがまさに「ツミレバ」なわけですね。楽天ポイントが貯まるごとにポイントのみを使用してスポット購入、積み増ししていくスタイル。

SBI証券

【動画あり】「ツミレバ」の魅力について解説します

ツミレバの魅力は積立投資によるリスク分散を行いつつ、レバレッジによる値上がり益も狙っていくというハイブリットな投資スタイルとなります。

 

STEP1「長期積立投資×レバレッジ!?」

ツミレバとはなにか?積立投資の魅力と長期積立の重要性について解説しています。

 

STEP2「ツミレバのカラクリみたり!」

iFreeレバレッジシリーズは中長期的に右肩上がりの成長を描く「米国株」を対象としていること、信託期間を「無期限」とすることで長期積立投資に対応しています。

 

STEP3「ツミレバにiFree」

投資信託「iFreeレバレッジNASDAQ100」に積立投資を行った場合のシミュレーション結果を解説しています。

レバレッジ型のインデックス投資の場合、通常のインデックス投資と比べて上にも下にも倍の値動きをすることから、ジェットコースターのようなチャートを描きます。このため相場の下落局面では、それなりの含み損を被る可能性が高まりますが、積立投資の観点からすれば安値でコツコツ毎日買付をすることができるわけです。

一時的な損失に惑わされず、長期で運用することが「ツミレバ」投資の重要なポイントなのかもしれません。

投資信託「ツミレバ」運用実績について

とまあ、ツミレバの魅力について見てきたわけですが、肝心の運用実績はどうなのよ!ってなわけで

現在「iFreeレバレッジNASDAQ100」投資信託を中心に楽天ポイント投資を行っており、運用成績も公開中です。 

私しんたろすに楽天ポイント投資は、楽天ポイントのみを原資としているため、実質現金0円による運用しているという代物です。楽天ポイントが貯まったら、ひたすらスポット購入で積み増していくスタイル。裁量無視の放置戦略なので、現金0円がどれだけ増えてくれるのか、我ながら注目していきたいです。

それとSBI証券 による積立投資もしれっと再開しました(゚∀゚)

SBI証券 の毎日積立については運用実績をブログで公開していますので、レバレッジ型投資信託の積立を考えている方は是非参考にしていただければと思います。

【ツミレバ投資】投資信託「iFreeレバレッジNASDAQ100」で積立投資やってみたまとめ

 

POINT

・ツミレバとは「長期積立投資×レバレッジ投資信託

 

・積立によるリスク分散とレバレッジによる値上がり益を期待

 

・楽天ポイント投資とSBI証券で運用中なう

 今回は大和アセットマネジメントが提供する投資信託「iFreeレバレッジシリーズ」より「ツミレバ」をピックアップして紹介しました。

こんなことに言ってしまったらアレですが、ツミレバは有名なアクティブファンドを余裕で凌駕するような力を秘めていると私は考えています。レバレッジ系の投資信託は手数料が比較的高めに設定されていることもあり、敬遠されがちな一面もありますが、それ以上に値上がり益を期待できるからこそのものだと思います。私自身も運用実績の公開を通じてレバナスの魅力を伝えていければと思う今日この頃なのでした(=゚ω゚)ノ

SBI証券