しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【使い方解説】イオン「レジゴー」でレジ待ち解消!セルフレジ界の注目サービスレビュー!

f:id:shimtarosmonoblog:20210912152543j:plain

久々にイオンで買い物しちゃった、しんたろす(@mono_shimtaros)です('ω')

今回はイオンで採用されているセルフレジの進化系「レジゴー」をピックアップ!レジゴーの使い方はもちろんのこと、実際に使ってみた感想やメリットデメリット等を解説していきたいと思います!スーパーのレジ待ち解消に期待を寄せるイオンのセルフレジとはいかなるものか?

 

本記事の狙い

✔イオンのスーパーでお買い物中!

 

✔レジゴーとはどんなサービスなの?

 

✔利用した方が良いか知りたい!!

と気になっている方は是非本記事を参考にしてみて下さいね(゚∀゚)

 

スマホアプリで買い物!イオン「レジゴー」でレジ待ち解消!

アメコミ「マーベル」の映画「シャン・チー」を見に行くために超久々にイオンを訪れた私しんたろす。夜ご飯の惣菜とかをイオンで買うかという流れとなり、イオンのスーパーに訪れたところ、謎のブースを発見したのです。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133011j:plain

「レジゴー」ブース外観

レジゴー…なんじゃコレは?

と興味津々になっている横で、当たり前のようにスマホサイズの端末と、端末ホルダー付きの専用カートを取っていくお客さん達がいました。

最近では王手スーパーに限らず、ユニクロ等のアパレル業界でもセルフレジが導入されている今日この頃ですが、これはその類か?と妄想しつつ、物は試しだと思い、やってみることに。従業員のおばちゃんに手ほどきを受けながら使い方をマスターしました。

結論から言えば、これはかなりイイですね(゚∀゚)

 

【写真付】レジゴーの使い方を解説

ここからはレジゴーの使い方を写真付きで解説していきます。全部で4ステップとなります。

 

レジゴー端末(スマホ)と専用カートを用意

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133128j:plain

入り口付近に設置されているレジゴーブースにて専用のスマホとカートを確保します。

専用カートにはスマホを取り付けることができる専用スタンドが標準装備されており、お買い物をしながらリアルタイムで画面の情報を把握・参照することができます。

分かりやすく表現すると「レジ付きカート」みたいなイメージとも言えるかもしれません。

 

購入する商品のバーコードをスキャン

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133119j:plain

購入したい商品を手に取ったら、スマホを利用してその場でバーコードスキャンを行います。

スマホ画面の下部にスキャンボタンがあるのでタップします。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133030j:plain
f:id:shimtarosmonoblog:20210912133110j:plain
スキャンボタン⇒バーコードスキャン

すると、バーコードをスキャンする画面に移りますので、商品のバーコードをスマホの背面カメラを使ってスキャンします。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133059j:plain

スキャン完了

商品バーコードのスキャンが完了すると「✔商品を追加しました」と画面に表示され、商品と単価が表示されます。

その後ホーム画面に自動的に戻り、合計金額や、お買い物点数が表示されます。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133051j:plain

バナナ ¥298

このホーム画面では、商品表示右側にある数量ボタンをタップすることで、その商品あたり購入点数の変更(バナナ1⇒2に変更)や、「×」印をタップすることでスキャンした商品のキャンセルを行うことができます。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133038j:plain

野菜や果物等のバーコードのない商品があった場合は、ホーム画面下の「バーコードの無い商品」をタップし、該当商品を選択することで処理することができます。

 

専用レジでお支払いコードをスキャン

f:id:shimtarosmonoblog:20210912133038j:plain

ホーム画面下の右側「お支払い」ボタンをタップすると専用レジのQRコードをスキャンする画面に移行しますので、専用レジ左側にあるQRコードをスキャンします。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912143105j:plain

すると画面上にスマホでスキャンした購入商品が示されますので、画面表示に従って会計をします。支払いは通常の現金払いから、クレジット払い、WAON払い等に対応していますので、この辺はセルフレジと同じ感覚で進めることができます。

 

専用レジ出口でコードをかざして買い物完了

f:id:shimtarosmonoblog:20210912140203j:plain

専用レジでの会計が完了すると、スマホ画面上に「お会計チェックコード」が表示されますので、専用レジ出口にあるカメラ付ゲートにかざします。

f:id:shimtarosmonoblog:20210912132900j:plain

カメラ付きゲート

ゲートでのスキャンが完了すればお会計完了です。専用レジの出口には従業員が常駐していますので、スマホを返却するのを忘れないようにしましょう。

レジゴーで感じたメリット・デメリット

私がレジゴーを使って実際に感じたメリットやデメリットを挙げていきたいと思います。

 

【予算管理】リアルタイムで会計金額を把握可能

f:id:shimtarosmonoblog:20210912132945j:plain

まず感じたのがコレです。これはマジで便利です。

ホーム画面では、スキャンした商品一覧と、その点数、合計金額が表示されています。ユーザーは常に自身の購入金額を把握することが可能です。

例えば、今日の予算は4,000円とした場合、上記画面(税込1,623円)に従えば、あと2,400円くらいは買い物できるな、というように容易に計画を立てることができます。

 

商品キャンセルもその場で完了

これは使い方の項目でも説明したとおり、ホーム画面の商品右側にある「×」印をタップすることでその場で商品キャンセルをすることができます。

予算オーバーで商品キャンセルしたい!という場合に重宝する機能ですね。キャンセルした場合は商品を戻すことを忘れずに…!!

 

スキャン忘れ対策は性善説?

これは気になった点。スキャン忘れをした場合にはどうするのか?についてですが、私の調べた限りでは従業員が目視及び、モニターによる商品点数の確認といったようなアナログ的手法に留まっているようです。これはスーパーならではの問題かもしれませんが、商品タグというのが共通のものではなく、その商品毎に紙製のバーコードであったり、商品のパッケージにバーコード印字されていたりということで、ユーザーがそれを正しくスキャンした前提(性善説)のシステムで運用されているように感じました。

【使い方解説】イオン「レジゴー」レビューまとめ

 

POINT

・イオン「レジゴー」でレジ待ち解消

 

・専用スマホでスキャンしながらお買い物可能

 

・リアルタイムで会計金額の把握が可能

 

・スキャン忘れには注意しよう

今回はイオンの新しいサービス「レジゴー」について解説してみました。

実際に使ってみた感想としては、メッチャ便利(゚∀゚)!の一言に尽きます。レジゴーの場合、通常のレジやセルフレジと異なり、商品スキャンを終えたお客さんが並んでいるだけなので、めちゃくちゃスムーズに会計を済ますことができます。ちょっとした買い物はもちろんのこと、大量の買い物にも対応できる、新しいレジスタイルが垣間見えることができました。現状はイオンの一部店舗で展開されているようですが、順次展開幅を拡大してくようなので期待していきたいと思います。

イオンユーザーの方にはぜひ利用していただきたいサービスですな('ω')