しんたろす@にわかモノブログ

しんたろす@にわかモノブログ

凡人のしんたろすが気になるモノをシンプルに紹介。イイコトもワルイコトも綴りませう。

しんたろす@にわかモノブログ

【おすすめリングノート】手が触れぬ,キングジム「テフレーヌ」レビュー!!

f:id:shimtarosmonoblog:20200227213306j:plain

こんにちは!しんたろす(@mono_shimtaros)です

バインダーって聞くとどんなイメージが湧きますか?私のイメージは「ぶあつい」「かさばる」です。資格試験の暗記整理用に使用したくらいで、普段は薄手のCampusノートを使ってる今日この頃。

 そんな中、ヘビロテ必須のいまだかつて見たことがない、目からウロコのバインダーノートを発見してしまったのでご紹介します!!

 購入のきっかけ

普段、ふつうのノートを使用していると、書いたページの順番を入れ替えたいって思うことが多々あったんですよね。例えば、何かアイデアを書き出したりしている時、ああ~このネタは5ページ前に書いたこととジャンルが共通しているから、ジャンル毎にまとめたいな、とか。

そういう時バインダーであれば、綴じてあるルーズリーフの順番を入れ替えてジャンル毎に整理整頓をすることができるんですけど、そもそもバインダーってリングのスペースを確保しなきゃいけない関係でどうしても厚みが出てしまうんです。

結果コンパクトさを重視してしまう私は、どうしてもバインダーって選択肢から外してしまいがちだったのです。

なので、一番の理想を掲げてしまうと、ノートとバインダーが融合したような良いとこ取りのモノはないのかと思ってた矢先、見つけたのがキングジム「テフレーヌ」だったんですね。 

 

理想のリングノート「テフレーヌ」

ノートのように薄い

f:id:shimtarosmonoblog:20200227212006j:plain

ノートのような薄さを保ちながらも、バインダーのメリットであるページの入れ替えが可能。写真はテフレーヌの閉じた状態ですが、この時点で何か違和感がありませんか?

上下セパレート式リングを採用

テフレーヌを開いて、綴じ具のリング部分に着目してみると…

f:id:shimtarosmonoblog:20191229124501j:plain

なんとリング中央部分が排除されているんです!!

 

実はこれがテフレーヌの最大の特徴であり強みなんです!

f:id:shimtarosmonoblog:20200227211524j:plain

通常のバインダーノートやリングノートだとルーズリーフのすべての穴にリングを通す作りになっているのに対し、テフレーヌはリングの中央部のみを排除することで筆記時に手がリングに干渉することがなくなるんですね。

リングの中央部が無くなっただけで、こんなに空間の広がりを感じるのか…!と驚いてしまいました。手が触れぬ…テフレーヌとは、まさにこのことです!

まさにノートとバインダーの良いとこ取り(゚∀゚)

 

リングの開閉は上下をつまめばワンタッチで外れます。

f:id:shimtarosmonoblog:20191229124510j:plain

f:id:shimtarosmonoblog:20191229124528j:plain

リング中央部が排除されたことで、ルーズリーフをめくる際に影響が出るのではないかと心配しましたが、実際は全く気になりませんでした。

むしろリングが少なくてめくりやすいかも← 

 テフレーヌのラインナップ

テフレーヌはリングノートだけでなく、分厚い書類等にも対応できるよう90枚収納可能なバインダータイプも展開されています。

・リングノートタイプ(A5、A5変型、A4、B5)

・バインダーノートタイプ(A5、A4、B5スリム、B5ワイド)

私が購入したのはリングノートタイプです。A5変形B5タイプ(最大30枚)の方ですね。特にA5変形サイズはいわゆる「ハンディサイズ」なので、片手で持つことが可能で、ノートを持ちながらメモ書きしやすいサイズ感になっています。

f:id:shimtarosmonoblog:20191229123913j:plain

カラーバリエーションが豊富なのもユーザーにとって嬉しいポイントですね。

リングノート「テフレーヌ」まとめ

 

POINT

バインダーとノートのイイとこ取り。

 

・リング中央部排除で” 手 ”ふれぬ。

 

・リングはワンタッチで開閉可能。

 

・バインダータイプは最大90枚収納可

最近の文房具はアイデア商品が多数あり、見ているだけでワクワクしてきます。今回紹介したテフレーヌもその一つで、ブログを開始するにあたり、1発目に紹介したいモノでした!

 以上、しんたろすによるキングジム「テフレーヌ」のレビューでした。今後も気になるモノを発信してきたいと考えておりますので、よろしくお願いします。